もうひとつの語録

 2月6日。

 昨日、施恩と李立は平潟湾から相模湾にかけて探索を行っていたようだ。
 「おめえには冒険心が無え」と、伝説三輪氏には罵られていたが、当時は移動手段が自転車しかなかっただけのことである。
 ここでも“服を着ての最高の楽しみ”ライブベートフィッシングを楽しんでいたようだ。
 レジェンドⅠ、Ⅱなら「そこまでして釣りてえか」と僻むだろうが、朕にはどうやってライブベイトを捕獲したのか、の方が気になった。

 迎えた釣行日。
 にわかに温かさがやって来るも長潮、北風。
 しかし、この時期の温度上昇は何よりのプラス要素と感じている。
 この日は、ハンドルのがたつきに起因する振動がシェイクするたびにグリップで増幅されどうにもならなくなるようなどうにもならない障がい・・も大したことがなかったので、ルーミスのジャークベートロッドとアブガルーシャのスピニングロッドの二本を持って降臨跡に向かった。

 現地に立ってみれば、メガバスロケのような“激タフ”といわれるような状況。
 しかし寒さはさほど感じない。
 北風が強く、釣りがし難いという点ではタフといえるが、実際にタフな状況なのかどうかは「やってみなきゃわかんねえじゃねえかよお!」である。
 降臨跡に何人かの伝説三輪氏のベイトの姿を見るが、知り合いが居るかどうかを確認するまでもなく、風の吹き付ける韓流ポイントに向かった。

 風と流れの、このエリアでの終着点。
 波によって地上からのプレッシャーは皆無と言っていいのではなかろうか。
 キャスト開始からさほど待たずに、シャドウラップ・シャッドのジャーキングにヒット。
 ジャークベイトが当たりなのかというとそうでもないようで、隣でエビ型ワームをキャストしていた相模湖バサー氏もほとんど間を置かずキャッチしていた。
 サイズは似たり寄ったりの小型ばかりであったが、こちらが釣れば向こうが釣り、向こうが釣ればこちらも釣るという釣れ方だった。
 魚が回ってきたタイミングにルアーがあれば良い、という感覚だ。
 朕はシャドウラップとリッジで二本追加。

 童威がやって来る。
 今朝一匹釣ってから登校したとのこと。
 ナマズさんも出勤してきたが、さっき起きたばかりで気力は湧かず、とりあえず様子だけ見に来たという。
 ジャークベートに反応してくるバスは何度か見たが、いずれもフッキングにまでは至らず。
 「アタったとかバレたとか、そういう話は聞きたくねーんだよ」
 と、アナザーレジェンドに言われかねない状況から進展がなかった。
 一方、相模湖バサー氏は着実に釣果を重ね、結局五匹のキャッチに成功していたのだった。

 風は収まることを知らず、陽が落ちてからは冷え込みが厳しく感じられるようになってくる。
 釣れていなければ「釣れるまで帰らん、お前も付き合え」と、童威に対し、泣きながらレジェンドⅡのようなバスタードぶりを発揮していただろうが、サイズはともかく、魚の顔を拝むことはできていたので、甘んじて「おめえらは根性が無え」という謗りを受けてやろうではないか、と早めの納竿とした。

スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード