幻想滅び、修羅が泣く

 1月16日。

 平日はベイトが少ないので、伝説の登戸名物降臨は200%無い。純粋に釣りを楽しむために、夕刻近くに多摩川へ向かった。

 降臨跡を飛ばし、韓流ポイントへ。
 「昨日釣れたから…」のポイントである。
 先客にナマズさんの姿があった。
 伝説三輪氏の好む新規入門者であるが、結局、三輪氏の干渉も無いまま自由にルアー釣りを楽しんでいる。このままでは新川節を謳える相手もいずれ要諦を覚えて、自慢の昔話も通用しなくなってしまうことを恐れた。

 朕は夏侯章かこうしょうに釣れないと評されたセシーグラブを結んだ。由緒あるブランド品の権威回復と、このワームが釣れるかの実験という伝説式保険の二心を持ってのこと。
 ボトムを這う生物をイメージするならばブーツテールは捥いだほうが良いのか、それよりも単に魚が居ないときにキャストしているのが問題なのか…あからさまなインフォメーションでもない限り“何故?”を知ることは難しい。

 突如、「おめえばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!」の声。
 伝説三輪氏でないのはわかりきっていたが、まさか公孫戍こうそんじゅだとは思わなかった。
 何かと身辺が慌しい中、わずかの時間を縫って多摩川の様子を見に来たという。やはり、釣りを出来ないのはたまらなくストレスだと漏らす。
 幸いこの日はメットインの中に『UWFの功罪』を入れてあったので、釣りが出来ぬ無聊を慰めていただこうと、献上した。
 あれこれの話をする我々だったが、やはりこちらとあちらの伝説の話題は尽きることが無い。
 鶴見五郎VS新倉史裕のボクシングマッチ同様に興をそそられる、ⅡVSアナザー、伝説の対面というものを是非見てみたい、という結論を得て、公孫戍は去って行った。

 やがてナマズさんも去って行った。
 上手く行かないからといってキレられる相手が居なくなってしまった。
 仲間を集めてバカ騒ぎしたいだけの伝説諸氏には耐え難い状況の中、集中力を保ち、ポイントをずらし、ベイトを替え、20時まで粘ってみたが何事も起こらず。
 果たして魚は来なかったのか、ルアーやメソッドに誤りがあったのかがいまひとつわからない。
 そこで、その手間を惜しみ避けてきたライブベートフィッシングにいよいよ手を出してみようかな、と思いながら納竿とした。
スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード