哭礼三輪

 10月21日。

 今日もオールスターのポッピングロッドで釣れるかの実験、ということで多摩川伝説跡に向かった。
 釣れてる者たちの多くはフィネスワーミングによるものなので軽量リグのキャストができるこのロッドはお誂え向きであろう。

 朕はポイントに着くなりアンダーショットリグを組んだ。
 イマカツはダウンショット、アメリカではドロップショットなんて言ってるが、バスバブルの芳香を重んじる朕は千夜釣行で用いられていた、アンダーショットという表現を重用することにしている。

 アンダーショットリグにフィネスワームを付け、バスが通るであろう変化の箇所をひたすら通す。
 師匠が来ても、李立が来ても彼らには付き合わず、朕は定めた範囲を離れず待った。
 やがてバスが通るのを目視できたがルアーへの反応は無い。
 少し違ったアピールを試みようとアンダーショットリグを解き、キャロライナリグにZマンのシャッドシェイプワームを組んだ。このワームはケンでいうところのノベリューム素材で出来ているのでリトリーブを止めるとベイトが浮いていくというアピールができる。
 しかし、どんな試みもバスには通用せず、スローなワームの釣りに倦み、巻きの釣りをしようと、日没少し前に堰下エリアに入ることにした。

 この一帯も流れの質は平坦だった。
 瀬の落ち込みが目立った変化にはなっているが、魚を溜める緩みの要素がいかにも小規模で弱い。
 護岸の際にはスモールなスモールマウスの姿が度々見られた。
 小バスは結構な数が居るようで、流す程度にキャストしていたBフォロワーに飛び付いてくる小バスも居たほどだ。
 結局集中して打つべきところを見いだせぬまま日没となり、気力が萎えて撤退とした。

 そんな冴えない釣行の翌日、伝説跡に入ったという施恩より釣果報告があった。
 関東巨鯉倶楽部を達成し、ブラックを得るという快挙である。
 長い間、多摩川ボーズが続く朕は当然のように泣きキレ、「おめえばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!」と伝説三輪した。

スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード