盟主不在の団円

 9月11日。

 連敗が続く。
 この釣れなさ、レジェンドⅡ並みだな…と、自嘲する。
 いつも釣れないからといって「多摩川はもう飽きた」とか「釣りという低レベルな競争」といった発言ができる伝説三輪氏並みの切り替えの早さがあれば良いが、愚直しかない朕は、今日も「新川で鍛えた本気を実釣をもって示す」しかない。
 快適な天候の日曜日となれば、登戸には多数の釣り人が来ることだろう。そんな状況が予測されるなら、数々の武勇伝を誇る登戸名物も黙ってはいられないのではないか。
 伝説降臨への期待に加え、李立が登戸入りしているとの報もあり、まずは登戸に行ってみることにする。

 この日は、D2Rのラトル殺しが完了し、ラビット90なるソルト用プラグを入手したので、これらを“実験ネタ”としてボックスに加えた。
 ちなみにラビットのメーカーは“法の死角”という言葉が似合いそうなメーカー名だったと記憶している。
 これがあれば、例え釣れなかったとしても、自分がヘボいからではないと思わせた気になれるし、伝説三輪氏が降臨して来られたとしても「お前の釣りはつまらん」と謗られることは無い。
 また、そろそろ中洲の様子を見に行くべきか、ということでウェーダーを引っ張りだして出発。

 登戸入り。
 残念ながら、登戸名物伝説三輪氏は不在だった。
 せっかくカモになる見ず知らずの釣り人がたくさん居るというのに勿体ないことだ…。
 朕はレジェンドⅡのために悔やんだ。
 “ヌシ”は不在だったものの、蔡沢や江三子といった主だった者たちは来ており、皆ぼちぼちという感じで釣っているという話を聞く。李立に至っては昨日、40アップのスモールマウスをキャッチしたとか。
 台風以降、四連敗を喫している朕は、そんな彼らに対し「突き落としてやろうか」と、伝説三輪氏のごとく半泣きで凄んでやった。
 しかし所詮は物真似。オリジナルのような鬼気迫るガチぶりを出すことは出来ず。
 何事も本物には敵わないものである。

 アユが集まりつつあるのか、時折アユの塊を目にし、単発的ながらスモールマウスのボイルを見ることもあった。
 しかし釣れない。
 だべくったり、キャストしたりとしているうちに夕刻に入り、一同解散となり、朕は対岸に向かった。

 狛江側に入る。
 既に暗くなっていたので、浸かって中洲に渡ることを諦め、岸から一帯を流すことにする。
 ベイト、コイの存在は見た目に明らかだが、ナマズの存在を確信できるものは見えない。
 いよいよ次回は中洲へ渡るべきか。
 今回はどんなヘボ隠しの言い訳が適切かを考え、撤退を意識していた頃、水面にナマズを思わせる引き波が見える。
 この時結んでいた“実験ネタ”であるラビット90を波紋の先に通したところアタリらしき反応を得る。
 残念ながらコイ。
 とりあえず五連敗は免れたものの、苦心の末のコイでは報われぬ。ゲームフィッシングとしては大失敗である、が、伝説式実験は成功である。
 喜びは無くとも釣れたことで足るとし撤退することにした。
 しかし、もしここにレジェンドⅡが居たならば「おめえはそれで悔しくねえのか」と責められていただろう。
スポンサーサイト

テーマ : おむつケーキ
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード