試みの伝説跡

 9月5日。

 そろそろ釣果を得ておきたいところだが、環境を味方につけられなければ、いかに伝説的根性を出したところで無駄骨である。
 しかし、釣れないのは自分がヘボいからではないと思わせておくことはベテランとして必要であることを朕はレジェンドⅡから学んだ。
 そこで以前、で仕入れたスイムベイトのような巨大ワームを実験ネタとして用意し、この日に臨んだ。
  「今日はスイムベートもどきが多摩川で釣れるかの実験」と、伝説式保険をかける。
 調布、五本松、登戸と順次チェックして行きたいところではあったが、この日も、ハンドルのがたつきに起因する振動がグリップで増幅されどうにもならなくなるぐらいどうにもならない眠気のため、帰宅即出発はできず、17時頃の出発になってしまった。
 そこで巡回コースを短縮し、登戸、五本松対岸と回るつもりで現地へ向かった。

 伝説跡の登戸に入る。
 白濁りは抜け、緑がかった水色になっていた。
 水位は落ち着いたものの流れは依然強い。
 カバー周りにはかなりの数のベートフィッシュが寄っていた。
 今、魚が戻り始めている時だと思われたので、今日はこのエリアにへばりついてみようと決める。

 実験ネタのスイムベートもどきのスイムチェックを行う。
  3/4オンスのジグヘッドを付けただけのアバウトなセッティングだったが、このもどきルアーは流れの中でもしっかり姿勢を保ち泳いでいた。
 これはオチアユの時期が楽しみである。

 しばらく何の反応も得られず時間が経過してゆく。もし環境が戻る過程にあるのならいずれ兆候は現われよう、というわけで焦らず様子を見守る。
 光量が落ちてきた頃、ライトリグを打ち続けていたルアーマンが三十あるなしのスモールマウスをキャッチしていた。あの集中力は見習いたいが、到底朕に真似できる釣りではない。見なかったことにする。

 やがて暗くなり伝説跡から釣り人が次々に去っていく。
 下げの時間帯に入る頃、遂に期待していた現象が起こる。
 何かに怯え、水面を沸き立たせるベートの群れを旧第一ワンドの緩みに見る。
 今まさにレジェンドⅡ泣きの名台詞「もしかしたら釣れるかもしれねえじゃねえかよお!」を用いる時だ。
 スレアタリだろうという感触の他、ナマズだと確信できるバイトが二回あった。いずれもランディング途中でばれてしまった。
 総重量が1オンスを超えるスイムベートもどきを投げるためにシングルフックのリグ寄りであるハートランドZ601MHFBとメインラインをぺにしたセッティングがザとなってしまったのかもしれない。

 貴重なチャンスを取りこぼしてしまったことを悔やむも、そもそも今日は「スイムベートもどきが釣れるかの実験」だった、というわけで「釣れなくても関係ありましぇ~ん」と、バギーのおっちゃんのように開き直ることにした。
 内心は悔しさで大いに泣いていたのではあろうが…。

 ※マー語
スポンサーサイト

テーマ : おむつケーキ
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード