渦中

 8月30日。

 先週の台風から昨日に至るまでの流れを見る限り、多摩川で「二回連続ボーズ無し!」の伝説式自慢を決めるのは厳しそうだ。
 しかし、三輪氏は「もしかしたら釣れるかもしれねえじゃねえかよお!」なる、人を鼓舞する名言も遺している。
 釣りをする以外に、特に生きる理由も無い朕は、この日も多摩川に向かうことにした。

 まずは平日のため、名物三輪氏降臨のまったく望めない登戸へ。
 バサーが一人居た。
 朕以外にも気違いが居たことに驚き、かつ喜ぶ。
 カバーを攻め、スモールマウスを一尾キャッチできたとのこと。
 水位は下がっている流れの中にあったが、水量は昨日より多く水位も高い。
 大雑把にテキサスリグでカバーを打ち、大雑把にオープンウォーターを流す。こうしているうちに何か見えてくるような展開が理想だが、何も感じられず、見えず。
 水勢が強い日が続くため、この辺もまったく力を失ってしまったように思えてきた。こうなるともう集中力が保てない。
 移動。

 調布水門ポイント。
 水門水路の水位は信じられないほどに上昇していた。
 一度は落ちた水量も昨日の雨で再び増水に転じたようだ。
 これが幸いして、新たに流れ落ちてきた魚が入ってきているのではないかと期待してみたが、見える魚は大量の小魚とコイのみ。ニゴイさえも見えなくなっていた。
 また、昨日と違い、ルアーに反応するコイはまったく居なかった。
 上下の堰間で、ここは数少ない広い緩みのポイントであるため、まったくだめだということもないだろうと思い、観察を続けたがナマズの姿を見ることはなく、濁りと澄みの境界で繰り広げられる生死のドラマも起こらなかった。
 偏光グラスが効かなくなるまで待ち、時にキャストしたりとしていたが、何の手応えも得られぬまま集中力が切れる。

 主として、バス以外のフィッシュイーターを釣ろうとしてノーフィッシュを食らったわけだが「自分、根っからのバサーなもんで」と、レジェンドⅡの名言を用いて泣いた心をごまかし、納竿とした。

スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード