「二回連続ボーズなし!」への挑戦

 8月8日。

 月曜日、平日。
 新たな名言、虚勢、奇天烈さに飢えている朕ではあるが、登戸に行ったところで伝説三輪氏が現れる見込みの無い日である。
 よって、明るいうちは調布流芯ポイントに入り、夕方から五本松対岸というつもりで多摩川に向かった。

 調布水門から入り、上流側に釣り上がっていく。
 暑さが続き、水量が減っていくという流れにあるのに、流芯ポイントのベートが最も少ないように感じられた。
 流芯ポイント周辺に鵜は居らず、鷺は下流側のシャローフラットに多く居た。
 ニゴイ、コイの反応は得られても決定的なストライクは得られず、具体的に“何が?”ということまではわからずともエリア違いを悟り、五本松対岸に移動することにした。

 移動の合間、シャッドマンとすれ違う。走行中の出来事だったので言葉を交わすことは出来ず、揖の礼で応えるのみ。

 ポイント到着。
 風が水面を波立たせるメガバス的タフコンデション。
 低水温期なら本当にタフになってしまうが、今の時期なら風はむしろ味方である、というのが本当のところだ。
 特に光量十分な時など、こちらの不手際を誤魔化してくれるありがたい存在である。魚を目視で捉えづらかったり、キャストやベイト選択に難儀はするが、そこは腕なり工夫で対応していきたい。
 対岸には蔡沢さいたく
 今日はここで37、8センチというスモールマウスを釣ったことのこと。
 上流の流芯では何の手応えもなかったことと併せて考えれば、現在重要な流芯はこちらのようである。
 朕が意図して狙う魚はナマズだが、スモールマウスの情報だからといって聞き流すことは無い。何故ならどちらも自然環境の中で自らの生存に有利な条件を求める生物なのだから。
 バスを釣るならこう、ナマズを釣るならこのルアー、というものはあるが、それらは釣り全体から見れば枝葉の部分でしかない。
 レジェンドたちのような釣れない者ほど、本を捨て末を問う傾向がある。枝葉が重くなり過ぎれば幹は倒れてしまうのが道理だ。
 とは言ってみたものの、朕はこの時、末の部分で苦戦していた。
 風のため、視覚からヒントを得るのは難しかったがチェイス、バイトは度々あった。ニゴイやコイのものもあったりはしたが、ナマズも入って来ていた。
 風が強い日である、ということは前もって知っていたのだから、ライトタックルではなくビッグベートタックルで来たほうが良かった、と思ってみたところで悔後に立たずというものだ。
 Bフォロワー、フラットラップ、チャギンスプークJrを中心にローテーションしながらキャストを続け、チャギンスプークJrでストライクを得る。
 トップでの“男らしい釣り”で伝説三輪氏の嫉妬を買ったり、ハードベイトで釣るのは凄いと勘違いしてくれる人をビビらすには十分な釣果である…が、バックラッシュを解いている最中にコイのようなバイトで食ってきた魚、というのがほんとうのところである。バックラッシュを解き終えた後もベイトが外れぬほどしっかりフッキングしていたのは勿怪の幸いというものだった。
 何はともあれ釣れたことで一安心。次回も釣れれば伝説的連続釣果に並ぶことができる。

 次回釣行予定日は14日、中潮の日曜日。釣果だけでなく伝説三輪氏の降臨も期待できる日である。
 というわけで、将来に期待を抱いての帰宅となった。

 ※マー語
スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード