クライングゲーム

 8月7日。

 アイナメを釣りに行き、幸いにして釣れたものの、その魚が何なのかわからない。当時、アイナメを釣りに行ったことなど無い李立に、その魚がアイナメであることを教えもらった伝説三輪氏。
 「オレら、今までバスに限らず色んな魚種狙ってきたよな」と、朕に念を押していたのにこの有様である。そんな愉快人、登戸名物降臨の可能性を秘めた日曜日。
 この目で登戸の様子を確かめ、願わくば降臨の瞬間に立ち合いたい。
 しかし、やはりこの日も、ハンドルのがたつきに起因する振動がシェイクするたびにグリップで増幅されどうにもならなくなるぐらいどうにもならない眠気に襲われ、体調を取り戻したのは夕方になってからだった。
 明日は休日、プライムタイムはこれからなので実釣に関しては何ら問題は無いのだが。

 五本松対岸に入る。
 先ほどまで登戸エリアに入っていたという李立もやってくる。
 登戸ではアンダーショットリグでペケニシモなスモールマウスが釣れたとのこと。師匠や江三子も来ていて、休日ならではの賑わいであったとか。
 しかし、今日もまた水道橋下の主宰者は不在のままだったという。
 「釣りという低レベルな競争」と評しておきながら、赤点だらけで卒業してしまった三輪氏。
 それこそ「おめえはそれで悔しくねえのか」ではないか。

 ポイント到着。
 視覚情報を元に、あれこれとやりながら探りを入れていく。
 なかなかナマズが現れる気配を感じられないまま時間は経過していったが、次第に岸際の魚の動きが慌ただしくなっていくのが見えるようになってくる。
 そんな状態なありながら、朕は「釣れましたか?」「アタリはあるよ」から先へ進めずにいた。
 李立に様子を聞いて見たところ、とにかく追いが悪い、と言いながらも一本キャッチしていたのだった。
 五釣行連続の釣果である。「○回連続ボーズなし!」と、伝説式自慢権を獲得。
 鈍いながら魚は来ている。「もしかしたら釣れるかもしれねえじゃねえからよお!」と泣いても許される状況である。まだ釣れていない朕が「釣れるまで帰らん、お前も付き合え」と言ったところで咎められることはない。
 しかし、やがて反応さえ出なくなり、潮時を悟り終了とする。
 きっと、毎釣必殆の熟練百敗釣師に「新川で釣ったことのねえやつは大したことねえなあ」と言われることだろう。
スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード