Land of the LEGEND

 7月17日。

 世間では連休の中日。
 登戸に伝説の降臨があるのではないかと期待したが、時間の経過とともに蒸し暑さがきつくなる。これでは、実はいちばん“根性がねえ”三輪氏が来るはずも無いだろう。
 降臨を期待して登戸に行ったところで無駄足になるだろう。
 というわけで、しっかりと腹ごしらえをした後、昼過ぎにゆるりと調布へ向かった。

 この日の実験ネタ、すなわち伝説式保険として、レジェンドⅡがかつてキャスティングタックルでスモールプラグを野池のオーバーハングにねじ込み、トップウォーターロッドでラバージグを打つ、といった変態タックルでバスを釣ってきたという伝説的故事にちなみ、本来スピニングタックルで投げるべきスピナーを用意した。
 「今日はスピナーで釣れるかの実験」といって冒険心を発揮してみた。

 雨に伴う増水で水温が下がった後である。こういった急変の影響を受けやすい激浅ワンドにどれだけ魚が戻っているのか、と覗いてみれば、アユは早くも群れをなしていたが、コイ科の出入りは少なかった。
 数は少なかったが魚食モードのコイは居て、トップウォータープラグでの“男らしい釣り”で関東巨鯉倶楽部達成。
 実験ネタのスピナーでも反応は得られていたが、やはりキャスティングタックルでは無理矢理過ぎてストレスだった。
 アユ瀬下流ではリップレスクランクで関東巨鯉倶楽部を達成。

 ノーフィッシュを回避できたことにより、安堵を得ての五本松入り。
 下流側の増水で出来上がった水路にナマズを発見。
 Bフォロワー、シャッドテールワーム、シャローラビットクローラーにバイトはあったがいずれも瞬時に放されてしまう。
 そしてその後、ナマズを捉えられず集中力が途切れ撤退。
 もし、「何だ、釣れなかったのか。だらしがねえなあ」と言われたら、「オレだってちゃんとやってるよ!」 とレジェンドギレするしかない。

 一方、この日夜に宇奈根に入った李立より釣果報告あり。
 見ればフラットラップで釣れている。
 朕は釣果を残した李立の功をやっかんで「多摩川のナマズはラパラ引いてくるのがパターン。つまらねえ釣りだ」と、伝説三輪風にこきおろし、面目を保った気になってみた。

スポンサーサイト

テーマ : お仕事日記☆
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード