大道廃

 7月10日。

 久しぶりのエサ釣りをしようと、スタートは登戸に決定。
 先日ついにオイカワが来た、という話を聞いたので朕もその余福にあずかろうとしてのこと。
 また日曜日の登戸ということで、伝説三輪氏が天下り、新しい名言を授けてくださるかもしれない。
 今日は、いわゆる“ネタ満載”な日になることが期待できる。
 調子よくオイカワを釣り、レジェンドウォッチを決めた後は、昨日、捕食音がよく聞こえていた五本松対岸のシャローフラットで、新川で鍛えた本気を出そうと、ゼルのトップウォータースペシャル、20lbトライリーンを巻いたスコーピオン1501、オリジナルザラスプーク、ウェイクミノーといった十個にも満たないベイトで備えた。

 ポイント入りしたところ上流に李俊とセニョールの姿が確認された。
 「おめえらばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!」と、伝説式挨拶を決めたいところだったが、炎暑の中、向こうまで歩いていく気になれず、エサ釣りの準備を始めた。
 すぐに師匠と李立が到着し、エサ釣り開始。
 師匠と李立は早々にオイカワを釣り上げていた。この調子なら朕も、と期待を込めて仕掛け投入。
 「だが、反応は無い」のまま時間が経過してゆく。
 「おめえが良いって言うから来てみたけどよお、釣れねえじゃねえか!」である。
 どうやら昨日の雨が状況を変えてしまったらしい。
 師匠と李立の達人コンビも苦戦しており、この調子では朕が釣るのは不可能ではないかと思い始めてくる。
 やがて夏侯章かこうしょう公孫戍こうそんじゅ、下野さんがやってきて久しぶりのあいさつを交わす。
 朕はこのエリアでナマズマスターになっている公孫戍に「突き落としてやろうか」と、伝説式脅迫をかけ笑いを取った。
 彼らもまた伝説を知る人々である。
 そして忘れた頃に李立がオイカワを一匹キャッチ。
 やはり、この流れではナマズを狙うべき時間帯に入るまで無為に時間を潰すことになってしまいそうだ。それならば、いっそ普段のルアー釣りをした方が良さそうだと考えた朕は、伝説三輪氏のように、本当は己の技量が及ばず釣れないだけなのに「エサ釣りという低レベルな競争からの卒業」と言って体面を取り繕った気になり、登戸から撤退(敗退)した。

 草庵に戻り、ロッドをオールスター・TAS783Cから、セントクロイ・PC66MF2に持ち替え、ベイトもここ最近のレギュラーのものをバッグに入れ調布に向かった。

 流芯ポイントにはアユ師が入っていたため激浅ワンドで時間の経過を待つ。
 ブレードを組み直したBフォロワーの動きは、ノーマル状態の安定したタイトさが失われていたが、バイト誘発力はあって二度ニゴイのストライクを得ることができた。しかし、いずれもばらしてしまう。
 フェイキードッグにはコイがバイト。しかしこれもばらしてしまう。
 周囲に仲間が居たなら「オレだってちゃんとやってるよ!」と、ブチキレられたのだが…。

 アユ師たちが引き揚げたタイミングで流芯ポイントへ移動。
 ここでもフッキングを決められず「釣れましたか?」「アタリはあるよ」状態。
 五本松入りしたという李立より釣果写真が送られてくる。
 70は行ってるだろうというからデカいニゴイである。
 未だ釣れていない朕には十分羨ましい釣果だが、実は自分は釣りウマだと密かに自負している人のように「何だ、ニゴイしか釣れねえのか。だらしがねえなあ」と、伝説式上から目線で応えた。
 後で朕もそちらへ向かうと伝えた後、ストライクの感触を得る。
 遠目に小型のスモールマウスかと思ったが違っていた。
 釣れたのか、引っ掛かっただけなのか判断に悩むフナであった。
 疑わしきは数えず、というのがここでの掟だが、アユ瀬にフナとは珍しいと思い写真に収めた。

 五本松。
 伝説式お約束「おめえばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!」を決めてやろうとフェラガモ水路に着いてみると李立が浸かっていた。
 「何やってるん?」とマー語で訊ねたところ、「昨日引っ掛けたスピナーベートが見つからないんです!」とレジェンドⅢ候補者のような泣きギレが返ってきた。
 しかしただでは転んでいなかったのはさすがというところ。代わりにお宝ルアーを何個か拾っていて、その中には朕がロストしたチャガースプークやCB001もあった。
 経験が長いだけのベテランを泣かせる技量はこういった心掛けと行動が育むものなのだな、と感心する朕であった。

 さて、いよいよナマズ狙いに本腰を入れて、という展開になるが、李立は見えた大ナマズにライブベートを躱され、巨ゴイをばらし、朕はナマズのバイトを引き出すもフッキング出来ずとまるで振るわない。
 波立つ水面に、波紋からナマズを捉えることは出来なかったが、捕食音は聞こえていてその存在は明明白白だったにもかかわらず、結局釣ることがてきず、やがて空腹と疲労で集中力が途切れる。
 そして「おめえが良いって言うから来てみたけどよお、釣れねえじゃねえか!」というレジェンドな罵り合いになり、終了となった。

 ※マー語
スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード