多摩川で新川節を謳う

 7月2日。

 昨晩、伝説三輪氏新川入りの報あり。その後の沙汰が無いままこの日15時を迎え「ああ、やっぱりか」と、朕は深く嘆息し、多摩川に向かった。

 調布流芯ポイントを目指す。登戸名物は昨晩新川にいたのだから、今日降臨するのは物理的に不可能だろうということで何の迷いもなく登戸を無視できた。

 蔡沢の姿が見えた。
 話を聞いたところ、小型のスモールマウスが三本釣れたとのこと。しかし、ここは水が生きていてもカバー要素が単調でプレッシャーも高いせいか、フィネスなワーミングが求められるようだ。自分には無理な場所、ということで朕は逃げるように流芯ポイントを目指した。

 激浅ワンドは朕がノーフィッシュを逃れるためのコイ科ポイントではあるが、今回は風向きがここを生かしていないように感じられたので見送り。

 流芯周りに入ると、早々にベートを追うコイ、ナマズの姿が目視できた。
 ポイントを窺う人間は朕だけだが、異種族の競合は多い。ここは追う者にも追われる者にも都合の良い場所だということが示されている。
 コーデル鉄板、レンジバイブといったお布施をした挙げ句、釣れた魚はペケニシモなスモールマウスのみ。
 空前絶後にヘボい人が「だらしがねえなあ」と、草葉の陰でほくそ笑んでいるかもしれない。
 李立が現れる。
 名物なき登戸の様子が語られる。レジェンドIIネタで盛り上がる人々の話は聞いても、ネタを提供した本人の話はまるで聞かない。
 我々は現われなくなって久しいバギーのおっちゃんを懐かしみつつ、ナマズの気配を求め水門ポイントへ移動した。

 水門ポイント対岸は、かつて水温上昇期のナマズの好ポイントだった。しかし現在は足場だった場所が水没していることと、ポイントまでのアクセスが困難だったこともあり敬遠している。ロングキャストができれば何とかなるだろうという訳で水門側から打っているという次第。
 盛んというほどではないがナマズの捕食音は聞こえ、李立はバイトを引き出していた。
 しかし流れを跨いでのルアー操作、飛距離といった問題もあり、やるべきことをやり切れず気力が途絶える。
 「おめえら大層な御託並べてる割には釣れてねえじゃねえか」という伝説式批判に晒されかねない内容となってしまったが「オレだってちゃんとやってるよ!」 とレジェンドギレを決め、自分らがヘボいから釣れなかったわけではない、という気になって納竿となった。
スポンサーサイト

テーマ : 仕事日記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード