伝説元年度似鯉評議会のゆくえ

 6月18日。

 昼前に出発し、近場の流芯ポイントすべてを打つつもりでいた昨日だが、起きてみても眠気が抜けておらず諦める。
 結局夕刻近くに調布へ向かった。
 日中に流芯を狙う理由はハードベイトでの釣りを成功させやすいということに尽きる。朕は巻きの釣りで釣りを覚えたこともあり、ソフトプラスチックのスロー、フィネスな釣りを長く続けられないという習性が染み付いているし、今後修正していく気も無い。

 そろそろ新しいレジェンドネタも欲しいところなので、登戸の様子も見ておきたいところだが、朕のスタイルで釣果を得られる要素が希薄なうえ、炎暑である。
 「おめえは根性が無え」と、我々を罵っておきながら、本当のところで根性の無い名物三輪氏が降臨することはまず考えられないので見送りだ。

 かくして始めから調布に入る。
 シャローラビットクローラーのラトル殺しも完了したので「今日はシャローラビットクローラーが多摩川で釣れるかの実験」という伝説式保険をかける。

 激浅ワンドを一流し。
 ふらりと蔡沢さいたくが現れる。
 今日はスモールマウスをキャッチし、昨日は下流エリアでナマズをキャッチしたとのこと。この健脚ぶりは賞賛に値するが、自分より上手の布衣の者を素直に認めないのが伝説式。
 「オレはおめえと違ってガチじゃねえからよお」である。

 シャローラビットクローラーはクイックレスポンスのワイドウォブリング。ウォブリングでもローリングでも、のたのたと動くものより、きびきびと動くベイトの方が総じてよく釣れるのは間違いない。シチュエーションベイトといわれるルアーだから、それがすべてというわけでもないが、プラグで釣ろうと思うなら留意しておくべきだろう。
 と、泳ぎの質は優良なシャローラビットクローラーだが、釣りの醍醐味(キャストフィール)という点ではいまひとつ。ボックスに常備するか、と問われれば微妙なところである。
 ニゴイのチェイスはあったが、しっかりとしたストライクを得たのはフェイキードッグだった。
 日中、激浅クリアというルアーを見切られやすい環境。一匹釣れただけでもラッキーだと思うべきであろう。
 回数多くルアーを打つなら、酸素量豊富でブラインド、カバー効果を得やすい流芯ポイントの方が適している、ということで移動。

 流芯ポイントではコーデルの鉄板と、デュエルのプロテクターリップレスを失い、先日お布施したレンジバイブが返ってきた。
 魚種不明ながらバイトは何度かあったところを見ると場所選びは間違っていなかったと思う。
 しかし、結局釣れていないので「ロッドが悪いんじゃないの?」という突っ込みが入りそうなところだ。
 これに対して、伝説式に「オレのニーズには合ってる」と答えよう。
 三輪氏は、ボトムの感触さえ掴めないバーサタイルモデルだというクソロッドでさえ自信満々にそう言い放っていたのだから、まともなロッドを使う朕が釣れないことをロッドのせいにできるわけがない。
 残念ながら腕の問題なのだ…。

 フェラガモポイントへ。
 ナマズが現れるまではニゴイ、コイを相手にしていたが、やがてナマズの姿が見えるようになる。
 しかしこの日のナマズたちは留まることなく上流へ進んでいく。産卵場を目指しているのか。
 こうして手を束ねているうちに帰宅時間が迫る。

 退却を始めたところ、本流ポイントに蔡沢と張横を発見。
 どちらもここでは「釣れましたか?」「アタリはあるよ」状態のようだ。
 久しぶりに張横に会ったので、以前より議題に上っていたニゴイ勝者問題について言及した。
 今年のニゴイの好釣ぶりからすれば、既に希少価値は無いのではないかという意見が委員会では圧倒的だとのこと。
 エサ釣りでもルアー釣りでも下魚扱いのこの魚にも何かしらの付加価値を、と思わなくもない朕だったが、そもそも大した値打ちも無いものに、うそつきどもが意図的に付加価値を与えたりなんかするから世の中はおかしくなっているという事実を思い出し、朕も今後しばらくはニゴイに勝者称号の価値なしという意見に一票投じさせていだだいた。
 最後に伝説三輪氏や、マッドネスドッグホームレスといった語り継がれていくべき多摩川名物列伝について論じ合い解散とした。


スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

シャローラビットとは懐かしいですね。
その昔、モエビマスターことアイバーソンが溺愛していたルワーです(笑)
ラージの濃い所では効くルワーなのは間違いないです。

Re: タイトルなし

昨日、こいつでナマズを掛けました。
しかし、ライン持って抜き上げようとしたら外れてしまい「オレだってちゃんとやってるよ!」ギレし、そこでストップフィッシングとなりました…。
プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード