修羅の時

 5月26日。

 「我々は修羅である」という伝説三輪氏の勇ましいことこの上ない言葉。そして“我々”と、朕も一味に加えられてしまった。
 まったくバギーのおっちゃんときたら言うことだけは立派なんだから…一緒にされても困るんだよな、と、ぼやきつつも多摩川へ向かった。

 調布、五本松エリアへの執着は薄れたが、レジェンドⅡのように釣れないからといって「多摩川はもう飽きた」という訳ではない。
 行き詰まり感を覚えているだけで勢を求める姿勢はますます盛んである。

 今回はマルタ瀬下流を狛江側から入ってみることにした。
 川崎側からではシャローフラットを攻めきれないが、狛江側からならば存分に攻められる。
 一応 「今日はマルタ瀬下流狛江側が釣れるかの実験」という伝説式はぶっておく。

 かくして今日も我が漆園へ。
 一帯はベート、コイ共に濃いものの、拠り所となる要素は見つけられず。強い向かい風もキャストコントロールという点でマイナスに感じられた。
 ブラック、シー、ナマズといった釣れれば嬉しい魚種の存在に疑わしさを覚えることもあったが、魚食化したコイやニゴイは確実に存在していたので「もしかしたら釣れるかもしれねえじゃねえかよお!」と、キャストを続け、キャッチ成功。
 例によって正解をやり尽くしてきたという伝説三輪氏には使いどころがわからねえと不評のBフォロワーである。
 ひとまずノーフィッシュを逃れ、多摩川勝者になることはできたが、陽が落ちてもナマズの気配は感じられず、ブラック、シーに至っては問題外という雰囲気であった。

 堰直下の流域にもアユ、コイは濃かったが穏やか過ぎた。魚がまったく居ないというわけでもないだろうが、こちらが確信を持てる信号は捉えられず。

 明日は雨の予報。
 どんな展開になるかと想像し、思うように釣れないからといって伝説三輪氏のように不機嫌になることもなく、平穏に撤退した。
スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード