今日のオレの仕事は終了節

 5月24日。

 「今日はラトルを抜いた毛スプークJrとバンタムリップレスが釣れるかの実験」
 生命保険に介護保険まで付いたような磐石さである。
 そもそも人の命は何よりも尊いとしながらも商売の種になっていることにいかがわしさを感じるように、伝説式保険というものも出処が出処だけに相当怪しいものではある。
 しかし、こうやってレジェンドIIは、あたかも自分がヘボいから釣れてないわけではないんだ、と思わせていた気になれていたのだから、ここは大いにあやかっておきたい。
 今日も「新川で鍛えた本気を実釣をもって示す!」と、多摩川に向かう。

 伝説降臨も望めず、ソフトプラスチックを這わせながら待つ釣りのできない朕は登戸を捨て、強く太い流芯のある調布に入った。

 激浅ワンドは相変わらずコイもアユも濃厚。
 風によって水中を詳細に見ることができないほどに波立っていたが、毛の効果を見るには十分な状況である。
 コイの溜まる付近に毛スプークを置いてみたが、反応は得られず、アクションを加えれば逃げられるという具合だったので流芯ポイントへ移動。

 流芯ポイントのアユはここでも濃く、そしてワンドの群れよりサイズが良い。
 肉食魚たちが欲するのはこういったベートではないだろうか。
 そんな魚を食うのに適したスポットを広い範囲に見つけるのは不可能なので、手数で当たりを付けていく。向かい風が強いので、リップレスクランクが最適だろう。
 ここで「バンタムリップレスが釣れるかの実験」だ。
 デの片側だけに穴を開け、エポキシで塞いだことにより、左右のバランスを崩してしまったのではないかと心配したが、しっかりと無難に泳ぎ、流れに損われることもなかった。
 なかなか使えるベートではあるが、レンジバイブ、レアリスバイブの地位を揺るがすほどではなかった。
 また、この風の中でストレス無くキャストするにはフルメタルのベートの方が良い。
 というわけで最終的には鉄板バイブを投げるようになっていた。

 最適なリトリーブコースを求めて引いているうちにストライクを得る。
 流れの落ち込みに接する緩みという一等地でヒットしてきたのがこのサイズのコイでは、ブラックはいうまでもなくナマズも近寄れないのでは、と考えられる。

 結局、この日の釣果もコイのみ。
 釣れるための諸要素を備えていると思えていたのに結果が連日振るわないことにより、このエリアに対する執着は止まった。
 冴えない結果ではあったが、いわゆる“男らしい釣り”での釣果なので、伝説三輪氏から謗りを受けることは無いだろう。

 ※ヘボオヤジ語
スポンサーサイト

テーマ : 仕事日記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード