泣いた修羅

 5月22日。

 草庵に戻る途中玉屋に寄る。
 レンジバイブ、バンタム・リップレスクランク、フェザー付きスーパースプークJrを買い、バンタムとスーパースプークには帰宅後早速ラトル殺しを施した。

 日曜日である。
 かつて「我々は修羅である」と、大層勇ましいことを言っていた者があった。 その現実との隔たりがあまりにも激しいのに何で“修羅”とかいって格好つけてたのかは理解不能。また、後で恥ずかしくなる発言だとは思わなかったのだろうか、とも思うが、この非凡ぶりもまた伝説たる者の資質なのかもしれない。
 登戸に、そんな彼の降臨を望める日ではあるが、スロー&フィネスなワームの釣りが出来ない朕は、名物三輪再拝の夢を諦め、調布エリアに向かうことにした。

 五本松を通る折り、李俊とセニョールを対岸に発見。
 「おめえらばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!」
 レジェンドなお定まりの挨拶を済ませ、上流を目指す。
 彼らがこんなところまで来ているところを見ると、どうやら登戸に名物降臨はなかったのだろう。

 流芯ポイントには先客。
 時折、アユを追い、ボイルするコイが見える。
 流芯であり、落ち込みもある、いかにも魚が停留しそうなポイントである。
 スモールマウス、ナマズが釣れるのがベストだが、この節釣れるならコイだって構わない。と、キャストを続けていたところ、上流側の先客が関東巨鯉倶楽部を達成していた。
 しかし、このポイントではこれだけだった。
 スモールマウスは回って来なかったのか、ナマズは潜んでいなかったのか、攻め手に誤りがあったのか。

 先日、風向きを恃みに入るも、外した激浅ワンドへ。
 ナマズを寄せる諸要素が揃っているだけに、この前釣れなかったからといって簡単には捨てられない。
 カバー要素は無きに等しいが、光量が落ちれば暗さそのものがカバーとなる。
 現在、中野島から宿河原の堰間流域で最もナマズが入り易いポイントであると思えてならないのだが、今回はまったくナマズの気配を感じられなかった。
 そんな中、かろうじてコイが釣れ、ノーフィッシュを逃れる。
 これとてルアーを追わせて食わせたのではなく、浮いている物をとりあえず口にしてみるという個体を見つけ、どうにか食わせられたというもの。
 そのうち、近くをケミホタル仕様のノイジープラグが泳ぐようになり、この光景を見てすっかり興醒めした朕は撤退した。

 ぽつぽつという感じで釣れてはいるものの、それだけである。
 勢未だ見極められずか…と、すっきりせずに過ごしていると、先日多摩川勝者になっていた秦明から釣果写真が。
 次いで、この日埼玉に行っていたという義士からの釣果写真が。
 もっともみすぼらしい釣果だった朕は、泣きとドスの「突き落としてやろうか」というレジェンド式で讃えるしかなかった。
スポンサーサイト

テーマ : 仕事日記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード