ル・クイント・ディッキー

 4月24日。

 日曜に釣行の機会を得たとしても、名物が降臨しなければ、登戸はただフィッシングプレッシャーが高いだけの場所になっているだけであろう。
 そこで、かつて応侯がそうであったように、朕も蔡沢さいたくの言葉に期するところを感じたので、今シーズン未踏の調布エリアに行ってみることにした。

 昨年のニゴイポイント。
 昨年のポイントは減水しており、瀬、流れの筋と巻き返しに隣接するシャローフラットはやや下流側に出来ていた。
 昨日からの冷え込みの影響か、見える大型の魚は少なく、たまにコイが見えるていど。
 この場所の水深では気温の影響をすぐに受けるだろうが、本流の水温は低くない。
 アユの群れは帯をなすほどでなかなか良い感じだ。
 いずれナマズが入ってくるだろう。その前に、この場所に適切なベイトやリトリーブスピードをチェックしておこうとキャスト開始。
 “使いどころがわかんねえ”Bフォロワーが浸水するというアクシデント発生に、一瞬泣きが入るが、これまでに正解はやり尽くしてきた人がダメ出しする代物だから気にすることもなかろう、と捨て置く。
 やがて商品名を忘れたルーハージェンセンのウッド製ペンシルベートにナマズがバイト。
 こうなることを朕は、豚が残飯を待つように、赤ん坊がオッパイを待つように、靴の中に石が入るのを待つように待っていたのだ。
 しかしバラしてしまう。
 しばらくして再びバイトが出たものの、これもミスに終わり撃沈。
 しかし、今後ナマズを追ううえで得心するところもあり、ノーフィッシュで終わったからといって「オレだってちゃんとやってるよ!」と、伝説三輪氏のように荒れることは無かった。

 帰宅し、タックルのメンテナンスと補修の作業をしていたところメール着信あり。
 上流域に入り、ワームじゃなくルアーでスモールマウスをキャッチしたという義士だった。
 結局釣れなかった朕は、伝説の僻みに倣い、「多摩川のバスは流芯にルアー投げるのがパターン。つまらねえ釣りだ」と、他人の功を謗った。
 そのつまらねえ釣りのお世話になって、まるでわかっていなかった西湖で、まるでわかっていないバスを釣らせてもらったの誰だよ?というところなのだが…。
スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード