覇者不在の会盟

 4月23日。

 南風と大潮。
 いけそうな雰囲気だが、何かと外しまくっている昨今である。
 ナマズが釣れないなら小バスで満足してやろうと辞を低くし、多摩川に臨む。
 師匠と義士は既に登戸入りしているようなので、伝説的決め台詞を用意して向かう。
 途中、施恩より、今年は霞合宿行かないのか…オイ!という問い合わせが入る。
 確かにランカーズやスーパープロショップへの巡礼はバサーとしての務めだし、湖北の美熟女にもまた会いたい。
 朕とて行きたいのは山々だが、日々に遠くなって久しい今、使える金も時間もひどく限られている。
 よって、今年は散々な目に遭った蝦夷地に再び繰り出し、豊穣の海を満喫することに重きを置く、と答えた。

 登戸に着いてみれば、師匠と義士が並んでいるのが見えた。
 ひそかに忍び寄り「おめえらばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!」と、挨拶代わりに一喝。
 師匠は先ほどバイトを得たが、掛け損ねたとのこと。
 このような場面で言うべき台詞はただひとつ。「何だ、釣れなかったのか。だらしがねえなあ」である。

 二人とも今日はボイルを見ていないとのこと。
 ならば朕がいち早く発見し釣ってやり、レジェンドルーチンでも決めてやろうて、と、馬の背一帯を見て歩いていたところボイル発見。
 発生場所を報せつつキャスト。
 しかし、魚をキャッチしたのは朕ではなく、スーパーフルークをジャークさせていた義士だった。
 伝説太史の朕は「突き落としてやろうか」と半泣きである。
 「ルアーじゃなくワーム」で釣ったわけだが、ジャーキングメソッドである。このような場合、レジェンド的には“男らしい釣り”となるのだろうか。
 三人して審議に入るが結論は出せず、降臨の時までこの議題は保留とした。
 李立が来るとの報が入る。フェラルキッドの釣力に戦慄した我々は、今のうちに釣っておかねば、と再び本気を出す。

 李立到着。
 ボイル発生までどうにもならないか、という空気の中で李立、抜け目なくキャッチ。
 アンダーショットリグでの釣果に、朕は「常吉は反則だ」と、レジェンドΙの名言で謗った。

 師匠が去った後、多摩川縦横家の蔡沢が現れる。
 ボイルも起こらなければ、これといった兆しも捉えられなかったので、一同は多摩川春秋を論じ合いながら機が訪れるのを待った。
 そんな中、伝説三輪氏には「おめえには冒険心が無え」と罵られていた李立が、このままではいかん、と、より有力なポイントを求め移動し、冒険心を発揮させていた。

 朕、義士、蔡沢は馬の背周りに留まり、あの手この手を試みていたが、蔡沢はスモールマウスをバラし、義士はナマズをコーリングアップしたもののバイトまでには至らせられず、朕は一切の反応も得られなかった。
 その間に李立は四本のスモールマウスをキャッチしたとの報が入り、併せて写真も送られてくる。
 「鬼!」とまくしたてていて、からハイペンションのようだ。
 その鮮やかな手際を見て、朕は、他人が功を重ねれば重ねるほど品性の無さを露呈させてゆく、かの人物のように「殺してやる…」と返答した。

 李立が戻ってくる。
 こちらは既に諦めムード。
 釣りの手を休め改めて状況を論じ合う。
 そして、多摩川観察者たちの感触を聞けば聞くほど現状の厳しさが浮かび上がってくるのだった。
 釣りたければ、かつて釣れていた頃のように、勢を見てとりこにするという釣り方は諦め、今は釣れる魚を見つけ拾ってゆくのが良い、とは李立の弁。
 なるほど、と感心する我々であったが、年端もゆかぬ者に上回られるのがよっぽど面白くなかった人のように「そのビッグマウスがいつまで続くかな!?」と、レジェンド式で返答した。
 いよいよ解散の段になり、朕は魚をキャッチできた李立と義士に「オレはおめえらと違ってガチじゃねえからよお」と言って、自分が釣れなかったのはヘボいがためではなく、釣りに対するスタンスが違うからアピールをし、面目を保った気になって帰路に就いた。

 ※マー語
スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード