因敗成功

 3月4日。

 月齢が更新され、天候が上昇へ向かった。
 ここ最近の停滞ムードが改善されることだろう。
 自然環境が好適に向かえば釣獲率はぐんと上がるもの。特にマルタの新しい動きが大いに期待できる。
 明るいうちはスモールマウス、光量が落ちてからはマルタというつもりである。
 
 まずは五本松エリアに入ってみる。
 太い流れの道が存在することにより、恒常的に魚が通ると思ったためだ。
 南風は吹いているが弱い。流れの生み出すカバー効果、ブラインド効果だけではハードベイトの力を発揮できないだろうということで、1/16オンスシンカーのテキサスリグを組んでボトムレンジを流しながらリトリーブ。
 しかし、反応は得られず、これといったスポットも見つけ出せず。
 陽気が強まり風は強まっていく。こうなってくるとバスはシャローフラットを目指すのではないか。光量が落ちるまで五本松で気長にスモールマウスの回遊を待つつもりでいたが、この気象の動きを見て登戸のシャローフラットに向かうことにした。

 登戸入りしてみれば、平日とは思えない人出。
 ここだけバスバブルな光景である。常に見知らぬ人が多く来ているのだから、伝説三輪氏はいつ降臨しても新川節を謳えるだろう、と朕はレジェンドⅡのために喜んだ。
 また、これだけプレッシャーが掛かっているのなら「杭にジグヘッドワッキーを落としてシュクシュクと」やっていれば伝説三輪氏のバスフィッシング理論に沿うことができるのであろうが、朕はそうはしなかった。
 かつて「みんなワームやってるな。オレはルアーにこだわるよ」とスピナーベートをキャストしている者があったが、朕は彼とはまた違った理由でルアーにこだわることにした。ワームとルアーを別のものとして解釈しているという基本的な間違いはともかくとして、ソフトプラスチックでのボトムの釣りではなく、ジャークベイトでの早い表層寄りの釣りを選択したのは風が強く水面が波立ようになっていたためである。
 作戦は半ば当たり、三度スモールマウスをコーリングアップし、一度はバイトに至らしめたがフッキングは成らず。更にジャークベイトでは届かない範囲に鉄板を飛ばして流したところ、スモールマウスのストライクを得ることが出来た。が、二度のジャンプをいなし寄せてくる途上でフックアウト。
 透明度の高さが不安要素ではあったが上昇機運の中の風当るシャローフラットはファストムービングに有利なのだ、とにわかかにンションが上がる。
 さて、次こそは気を抜かず慎重にとキャストを続けるも、群れは去ったのかその後はまったく気配を感じられず。
 李俊が来ていたので状況を話していたところ、すぐに李俊がアワセの動作。
 小型ではあったがスモールマウス。
 一匹もキャッチできなかった朕は「李俊さんは新川で釣ったことないよな。大したことねえな…オイ!」と、レジェンド式ブチキレでその功を讃えた。

 李立が今日もラージマウスのサイトフィッシングに挑んでいるというので様子を見に行く。
 「厳しいのう」というレジェンド式返答が返ってくる。バスを諦めてニゴイを釣ろうともしたが、こちらもチェイスのみだったとのこと。
 そこで朕は「お前は釣果にムラがあるのう」と、誰よりも釣果にムラがある、というかほとんど釣れない人の名台詞で労った。
 李立にスモールマウスの感触を話したところ、この一帯のプレッシャーも含め、釣り難い状態になっているだろうから、堰下エリアにマルタを求めた方が堅いのではという。
 朕が、まだちょっと早いのではないかと躊躇していたところ、「もしかしたらナマズだって釣れるかもしれねえじゃねえかよお!」と、レジェンドギレの応用で叱咤激励するので、では一足先にと堰下エリアに向かった。

 一昨年の実績ポイントから去年の実績ポイントまでを見て回る。
 川のつくりは年中変わっているので、去年の実績場所が今年良いとは限らない。
 盛期ともなれば意識しなくとも、視覚から打つべき場所を知ることが出来るが、今はマルタの集まりそうな場所を見極めていくことが重要である。
 こういう姿勢は伝説三輪氏に“ガチ”と馬鹿にされていたものだが、自分だけ釣れなくて目に見えて不機嫌になっていくガチな性格だったのは三輪氏の方だった…。

 水面にマルタらしき波紋が見える。
 数は少ない。
 最も魚の寄りそうなポイントを見つけキャスト。
 アタックなのかスレなのかわからないが、たまに魚の感触が伝わる。ここ以外に粘る価値ありと思える変化を見つけられなかったのでここに腰を据えることにする。
 李立到着。
 「釣れましたか?」と来たので、「オレだってちゃんとやってるよ!」とキレてみせた。
 時間が経つにつれ、魚の動きが目立つようになる。
 盛期のようなバカ釣りには程遠い内容ではあったが、朕はマルタ2本、李立はマルタ3本の他、関東巨鯉倶楽部も達成。
 しかし、マルタを狙いに来ておきながら、ードでナマズ、スモールマウス、シーバスなんてことも、と期待していたのも事実。
 本命のはずなのに軽んじられているというのもマルタの魅力といえよう。

 ※マー語
スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング バスフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード