伝説の僻みに倣う

 2月16日。

 昨日と一昨日の寒暖差は凄まじかった。急激な上昇から急激な下降。
 落ちきった昨日と比べれば、やや上向いたといえなくもない今日は、潮回りがぱっとしないという面はあるものの、先日の上昇で春の信号が多くのバスに認識されただろうから、足は鈍っても動きを止めはしないだろう、ということで多摩川に向かった。

 登戸入りし、リグを組んでいると、通りすがりの人に多摩川での釣りについて尋ねられる。“通りすがり”といっても、昨年このブログに現れた気違いのことではなく、普通のおじさんである。
 そこへちょうど李俊が現れたので、先日の盛況ぶりについて話したところ、“本気”に火を点けてしまったのか、先日のあらましを聞かばこそ、そそくさとポイントに行ってしまった。
 次いでリグを組むのに手間取っていたところ馮諼ふうけんが現れる。再び先日のことを話していると、馮諼の仲間の、赤帽子党の男がやってきていう。
 今日はジョイクロで二匹バラしたとのこと。
 それなりにいける日なのかもしれない。
 ここでようやくリグを組み終えた。

 ポイントに入ってみれば、李俊が早くも一本キャッチしたとのことで、からペンションが上がる。
 風の勢いがジャークベート向きではないように感じられたが、伝説三輪氏いうところの“男らしい釣り”ジャークベイトで一流し。しかしか 、やはりか、反応は得られなかった。
 余談だが、「これまでに正解はやり尽くしてきた」と豪語していたレジェンドⅡは、実はジャーキングメソッドが出来ないのか、或いはご存知ないということが、以前、ドブのシーバスゲームの際に発覚。曰く「シーバスにジャーク、トゥイッチは邪道」とのこと。それでもトゥイッチ、ジャークがよく釣れていたので、その邪道を試みはしたが、肩を支点にベイトを揺するという、ひどくぎこちないものだったことも付記しておく。

 やがて、李立の他に、公孫戍こうそんじゅ夏侯章かこうしょう、セニョール、先日紹介された侯嬴こうえいといった平日には珍しい顔ぶれが揃う。
 その間にも李俊は釣り続け、40アップを含む四本のスモールマウスをキャッチするのだった。
 我々もイモをドリフトさせて釣果を得る李俊に倣い、ボトムの釣りに集中したが結局李俊しか釣れなかった。
 朕と公孫戍は「李俊と同じ魚を狙おうとしていたのがそもそもの間違いなのだろう」と、失敗を通じてしか己の未熟を知ることが出来ないという愚鈍さを嘆き合った。
 馮諼と李立はレジェンドⅡの好む“男らしい釣り”とばかりに、アラバマリグやリップレスクランクをキャストしていたが、こちらも不発。

 結局この日は李俊の独壇場だった。
 釣れなかった朕は伝説三輪氏の名言を借りて、ノーフィッシュとなった己のヘボさを取り繕うべく「多摩川のバスは、登戸でイモドリフトさせるのがパターン。つまらねえ釣りだ」と謗って面目を保った気になった。
 更に、陽が落ちて帰り支度をしていたところ、赤帽子党がナマズをキャッチしているのを目撃。
 まったくもってられポンキッキな日となってしまった。

 ※マー語
スポンサーサイト

テーマ : 働くということ
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング バスフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード