スポーツ冒険家な試み

 2月11日。

 スモールマウスは登戸エリアに集まってきているわけではないのか。昨年は河川工事のためにやむなくあのエリアに押し込められていただけなのか。気になるところは実際に確かめておかなければなるまい。
 というわけで、この流域の他のエリアも見ておこう。
 目指した先は五本松。 
 カバーという点では貧弱な一帯だが、流れがカバー効果を生み出していることが期待できるポイントはある。スポーニングのことは抜きにして、通常スモールマウスが通る道筋ということを考えれば、ここもありかもしれない。

 五本松。
 祝日である。登戸には名物が降臨しているかもしれないと想像できる。こちらに居ては、例え降臨があったとしてもその尊顔を拝むことができない。しかし、ミラクルが起きたのならサマナ諸君からの報があろう。
 ということで焦りを鎮め、まずはスモールマウスが足を止めるような所を探すため、テキサスリグを入れてみる。
 昨年の春頃は十分な水深のあった一帯も、から浅くなっているという感触を得る。
 人がいくら手を加えようと、ここはおのずとこうなる場所なのだ。マフィアどもは万民から絞り上げた富を文字通り水に流し、自然の循環を壊しただけである。これを犯罪と呼ばずにおけようか。

 今、このエリアは魚を寄せる力が弱いと悟り、登戸に移動して伝説三輪氏の降臨を期待しつつ、じっくり探りを入れてみようかなどと思い始めていた頃、見覚えのある人物を発見。
 植野君だった。
 口数は少なくとも、要所はしかり話してくれるのが彼の美点である。
 多摩川東岸を広く釣り歩き、今年は三匹のスモールマウスをキャッチし、今日はニゴイをキャッチしたという。
 釣れていない朕としては「オレはおめえと違ってガチじゃねえからよお」とレジェンドして体裁を取り繕うしかない。

 既に気力がだいぶん萎えている。風は吹いているが水中から像が捉え難いというほどのものでもない。
 防寒着を着込んだ身には暑くさえ感じられる日である。やがて眠気が押し寄せてきたのを機に、レジェンドⅡに「だらしがねえなあ」と謗られるのを覚悟の上で撤退した。

 帰宅し、夕食の準備をしている頃、この日上流域へ行っていたという義士よりメール着信あり。
 何とナマズ。
 上昇した機を捉えた価値ある一匹というものではあるが、素直に羨ましがっては面目が保てぬと考え「多摩川のナマズはバイブレーション巻くのがパターン。つまらねえ釣りだ」と、伝説三輪氏風に返答した。

 ※マー語
スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 バスフィッシング ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード