伝説蕭蕭と江寒し

 1月7日。

 先日ライブベイトフィッシングに行った施恩からの釣果が送られてくる。
 次いで李立より昨日の釣果が。
 彼らに大いに語り、巧者ぶりを吹聴し、「あいつらには厳しく行く」と言っていたレジェンドⅡだが、今は何処か…やはり、多摩川はもう飽きてしまったのか。

 迎えた当日、既に多摩川入りしていた義士に様子を尋ねたところ、北風吹きすさぶ寒さに体調を崩し、帰路に就く途上とのこと。
 「何だ、釣れなかったのか。だらしがねえなあ」というお約束で気遣い、朕は多摩川に向かった。

 登戸入りしてみると、その荒涼感は聞きしに勝るものであった。街中ではそれほど感じなかった寒さが沁みる。
 しかし、スモールマウスに絞るならこのぐらいのほうが良いのだ、と、自らを鼓舞し、ダウンショットリグを組んで探ることにする。
 風のため1/16オンスシンカーではボトムを捉えづらく、1/8オンスでは不法投棄という厄介な状況。
 これにしびれを切らし、リーダーをトライリーンXT12lbに結び替え、リップレスクランクで上流側のシャローフラットに探りを入れてみたが案の定気配なし。浅い層は冷えすぎなのだろう。
 再びリーダーをフロロカーボン6lbに組み直し、ボトムレンジの釣りに戻る。
 施恩から下流部に入るとの連絡を受ける。
 現在の施恩の話は大いに参考になることがあるので、合流したいと思ったが、移動を面倒臭がりスタート地点一帯で粘ることにした。
 そして一時間と経たぬうちにメールが送られてくる。
 「釣堀行かなくてもOK」というレジェンドワードと共にスモールマウスの写真が添えられていた。
 当然、朕も「オレはおめえと違ってガチじゃねえからよお」と、レジェンド泣きで答えた。
 施恩はこれから勤労が控えているとのことで早々に撤退。
 もはやヘボ時代の面影は微塵も無い。
 最初はみんなヘボい。のめり込んでいるうちに大抵は普通の釣り人になるのだが、レジェンドたちのように超絶なベテランとなる者もいる。

 光量が落ちてくる頃、慌しく李立がやってきた。
 「釣れるまで帰らん!お前も付き合え!」と、レジェンド式気合を叩き込まれる。
 一応、スモールマウスの回遊を見込んでのポイント張り付きだったが、結局、共にワームをずらされるのみ。
 反応は得られているのだから、まったく外れているわけではない。しかし、このわずかの間に変わった天候を始め、諸々を掴み損ねているから釣れないのだ。
 何を外しているのか。こういったことを探るのはあてどないことのように思えるし、見つけられないのは辛い。しかし、何故かを考えるのは楽しい作業でもある。よって、たとえノーフィッシュに終わっても「多摩川はもう飽きた」なんて発言は出る隙が無いのである。
 
スポンサーサイト

テーマ : 働くということ
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード