語録健在

 11月30日。

 ダグ・ハノン先生はライブベイトフィッシングを「服を着ての楽しみなら、間違いなくこれが最高だよ」と『ビッグバスマジック』で言っていた。
 しかし、結局、あれこれの手間が面倒臭く思えたのでこの日もルアータックルのみで多摩川に向かった。
 持って行くベイトは厳選し、その数を減らし、ソフトスイムベイトの他にBBZ-1シャッドJrとハイサイダーJrを追加。ルアーの存在感は強くなければならないが、強すぎれば見切られ、弱ければバイトにまで至らないと感じていたためだ。
 
 かくして今日も登戸へ。
 平日のため、今日は名物登場は最初から諦めている。
 橋の上から川を見下ろしてみるとアユの帯、波紋は昨日より絶対数が少なく感じられたのは、大潮から中潮に移行したためか、そういった知識があったための思い込みか。
 こういう時こそレジェンドⅡの「やってみなきゃわかんねえじゃねえかよお!」を使うべき場面である。

 川岸に下りてみれば先客のルアーマンが四、五人居る。
 アユの賑わいはやはり昨日ほどではないという感触。
 最初に反応してきたのはニゴイだった。ニゴイの勢いが盛んだということはそろそろここも終わりが近いということか。
 本命ターゲットがある時のニゴイは終わりを知らせる使者のような気がしている。

 やがて大きなアユのスクールが通り、その中にナマズの姿が見え、朕は二度のストライクを得るがいずれもフッキングまでには至らず。
 上流側に居る二人組は立て続けにニゴイをキャッチしていた。遠目にも60を超えるサイズで、しばらく魚を手にしていない朕には十分羨ましく映った。
 下流側からやってきたルアーマンがやってきて、剪払がてらそれぞれの感触を話し合う。このルアーマン、本命はスモールマウスのようだが、釣れるならナマズでもいいといった体。なかなかうがったことを言うので、使い手に並ばれてしまったかと内心おおいに焦る。
 そして、やはり使い手であった。
 さっそくナマズをヒットさせていた。
 しかし、この一尾だけというわけではないということは水面の様子を見ればわかるという状況。
 この時、アユをしつこく追い回す巨ゴイがいたのでデビルスイマーをプレゼンテーションしてやったところためらいなくバイト。取り込み寸前でバラし、関東巨鯉倶楽部達成未遂。
 李立到着。
 これまでの経過を話したところ「バラしの天才ですね」と呆れられ、同時にレジェンドネタの開始。
 「ロッドが悪いんじゃないの?」「オレのニーズには合ってる」
 いうまでもなく、ばらした最大の理由は朕のランディングの雑さにある。
 この辺りから、アユの追われる様子が顕著になってくる。
 李立はルアーへの反応が芳しくないと見るや、ライブベイトにチェンジし早々にナマズをキャッチ。
 その後、20センチはあろうかというアユにニゴイがバイト。テクナGPのスピニングロッドだが、このロッドは“ライブベイトスペシャル”と化している。
 「おめえばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!」と、レジェンド泣きで吠えたいところではあったが、隣り合わせである…。
 レジェンドワードの応酬をしながら、朕もようやくストライクを得る。鵜に襲われたような傷の目立つ個体だったが、またしても取り込み寸前にばらし。
 「オレだってちゃんとやってるよ!」と、レジェンド泣きしつつも、諦めるような状況ではない。光量が落ち、水面を沸かすアユの数は減ったが、ナマズが浮いてくる様子が目立つようになっていたからだ。
 先ほどまではルアーがアユの群れの下を通るように引いていたが、ここからは表層寄りで良さそうだ。
 デビルスイマーに備え付けのハワイフックはひしゃげられてしまったが、今度は無事キャッチ成功。
 更に光量が落ち、昨日のザラのヒットに倣い、水面でのアピールを強めようとハイサイダーJrをキャスト。航跡を出してバイトしてくる様子が見え、強いバイトの感触が手元に伝わった。
 二匹目のナマズか!?と、期待したが寄せてみればニゴイ。
 ここは以前、張横が「多摩川はニゴイ釣れば勝ち」と言っていた冗談に乗り、勝ち誇ることにした。
スポンサーサイト

テーマ : 仕事日記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード