ハンドルのがたつきに起因する振動がグリップで増幅されどうにもならなくなる気分を味わう

 9月25日。

 先日はワーク可能な日でありながら眠気に抗し得ず、怠ってしまった。
 しかし、李立同様、朕より上のステージに行ってしまった施恩はワークを行い、ドブでシーをキャツチしていた。
 知り合った頃はどちらもハナタレ小僧だったので、末席の綽号を与えてしまったが、ここまで来ることがわかっていたなら楊令と岳飛、或いは原典重視で郭盛と呂方ぐらいにしておくべきだったと後悔している。

 このところホームを空ける日が多くなってしまっているが、朕とてサマナの端くれ。
 『極厳修行者音頭』を聞き、グルの声に励まされ、雨は降っていたが「川で鍛えた本気を実釣をもって示す」べく、多摩川へ向かった。

 登戸に降り立ってみたところ、堰は開放状態。
 濁りと流れを見た限りではテトラ帯が絶対的なカバーになっている可能性は低く、実際、川の中央を泳ぐ大型のコイの姿も何尾か見たのでテキサスリグを解き、巻きの釣りに備えた。
 上流側に移動してみれば、第一ワンドと本流馬の背の構造に微妙な変化があり、瀬周りにはアユが集まっていた。
 時間的にはまだ早いような気もしたが、光量と濁りからすれば「しかしたら釣れるかもしれねえじゃねえかよお」と思えてきたので、様子見とばかりにコンバットバイブの新しいモデルを数投したところ、なかなかのサイズのナマズがバイト。
 しかし、残念ながら足元バラし。
 北風と強い流れに、特にナマズの寄りが悪いのではないかと考えていたが、緩みの範囲が広がったことによるのか、思っていた以上に状況は良いのかもしれない。
 少し場を休め、ノンラトルの刃金に替えてキャストしていたところ、今度は小型のスモールマウスがバイト…またしてもバラし。
 久しぶりのスモールマウス、勿体ない気もしたが、フィッシュイーターがベイトを窺う場所の存在が判明したのだから焦ることもない、と次のチャンスを待つ。
 ただ、この浅場でリップレスクランクはよくゴミを拾いストレスが溜まる。かといって他に有効なベイトは、となると適切なものが思い当たらない。
 どうすべきかとあれこれやっているうちに日没の時間帯に突入。
 ナマズがシャローを徘徊する光量になる。
 第一ワンドから瀬にかけての一帯を打ち続け、七度のストライクを得るが、反応を得られたのはウェイクミノーだけだった。食いきらないからといって、ザラ、Bフォロワー、フラットラップ、チャターといったベイトにすると今度は反応自体無くなってしまう。
 李立に状況を報告し、話し合った結果、状況は悪くないのだから粘るべき、という結論に至る。
 「めえは根性がねえ」と、朕もよく罵られていたが、見込みなしの状況で粘ることが無意味だから粘らないだけであって、決して根性が無いわけではない。
 粘るべき状況と判断したのでしばらくキャストを続けていたが、いつの間にかまったく気配が無くなっていた。
 何故か、とよくよく見てみれば水位が落ちている。堰が開放状態のまま流量が減っているための現象だ。
 夜に堰の操作が行われるとは考え難く、人の所業が天の恵みを拒否したためのとばっちりを釣り人がひっかぶる形となり、やむなく納竿とした。

 ※レジェンド語録より
スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード