極厳修行の至福遠く

 8月27日。

 昨日に比べ、やや気温が上がり、晴れ間も射した。こういった微小な変化も侮れない。
 こちらの気分としては、状況が上向いたのだから、と期待してしまうが、実際のところはフィールドに行ってみなければわからない。

 夕刻頃多摩川へ向かう。
 まずは五本松の様子を見る。
 水に手を突っ込んでも温さを感じなくなっているが、流域全体の水温までは把握できていないので、ここを基点にしてみる。
 アユ、コイの数は申し分なし。陽が落ちるまで様子を見るがコイの反応を得るだけ。ナマズの捕食音は聞こえないし、徘徊する形跡も見えない。
 ようやくエリア違いを確信し、本流の水が緩和されるシャローの広がる狛江中洲を目指す。

 水位は堰閉じ時の平水位。
 ベイトフィッシュ、コイの姿の他、徘徊するナマズの姿も見える。
 三度あったバイトのうち一尾を拾うことはできたが、反応は総じて鈍かった。
スポンサーサイト

テーマ : 仕事の話あれこれ♪
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード