釣れないと言う前に、ジグヘッドワッキーや1オンステキサスを試すべきなのだろうか

 8月17日。

 昨晩からの雨に、これまで調子のよかった五本松は釣果を望めないだろうと予測したが、どうなっているかを見るために寄ってみる。
 流れは勢いを増し、水量も多い。対岸に魅力的な緩みはあるが、こちらからは満足に攻められない。
 下流側の逆ワンド、中洲へ渡る道も水没。
 この様子ではアユ瀬も無理だろう。
 ということで、増水時に力を持つ第一ワンド跡へ。

 第一ワンド跡には予想通り魚が避難してきていた。
 しばらく反応を得られずにいたが、下げの時間帯に入りバイトが出るようになる。ナマズのバイトを掛け損ねてしまったが、やはりここで間違いないのだ。
 と、粘ってみたが後が続かない。
 そうこうしているうちに帰宅時刻が迫り終了。

 何が足りなかったのだろう、と考えながら護岸を歩いていたら、一目瞭然。登戸エリアの水位が下がっている。
 ここが正解の場所、という意識が固まってしまっていたためか、水位が下がっていることにまったく気付かなかったのだった。
 何たる不覚。
 多摩川連続キャッチ記録がまたしてもストップ。

 釣り方を知っていても、適切な環境を把握できていなければこうなってしまうのだ…。
スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード