カモーン!ナイトライダー!

 8月6日。

 大潮、中潮の日は我が心のウェズが騒いでいるが、小潮に入るとウェズはなりを潜め、代わりにババ・ザネディが現れる。
 「マネキンなんかではしゃぐんじゃねえ、チキンシットめ」と呟き、胃の腑の虫であるジョニーを取り除こうとしないトーカッターに不満を抱きつつも「やつのためじゃねえ、オレのためだ」と言われれば服従し、カワサキに跨るかのごとく、朕もチャリンコに跨った。

 先日、コイ科狙いのマストベイトとなっているマーさんボラの塗装が剥がれてしまったので入院させ、今回は同じモデルのヒゴイカラーをボックスに入れた。
 多摩川ではドライブスティックでもグリーンパンプキンは釣れるけど、他のカラーでは釣れないとか。マーマレットもシャッドカラーは釣れるけどヒゴイカラーは釣れないのではないか、とヘボい噂話ににわかに不安がもたげてくる。
 しかし、ブラックを狙っているわけではないし、マーマレットはワームじゃなくルアーだから関係ないさ、と気を取り直す。
 今日は義士との合流予定のため、ゲームプランを前日に仕上げていた。
 自分も釣りつつ、ゲストにも“何故”の部分を理解していただいた上で釣らせるのがベテランとして当然備えているべき資質だと朕は考えている。釣れないからライトリグ、ではあまりにも芸が無い。
 天候、潮汐は誰でもチェックできることだが、流域の水の動きの詳細は通いこめるという有利があるから得られている。これを元に、光量の十分なうちはアユ瀬でコイ科、陽が傾きだしたら五本松でナマズというプランを提案し、了承を得る。
 このようなきめの細かい作業は、ババにはできてもウェズにはできないというものだ。

 ルアーの補修、手術がひと段落し、一寝入りして起きてみれば、既に義士は調布アユ瀬入りしていた。
 勿論、「おめえばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!」とレジェンド泣きすることは忘れない。

 現地到着。
 猛暑の中、チャリを漕いでいたら合流時に立ちくらみに襲われる。
 水位は目に見えて下がっており、ポイントはこれまで流れが強すぎて緩みのスポットが小さかったやや上流側に移っていた。
 魚食モードのコイが回ってきてはアユを襲う様子が時折見えていて、ルアーを投入するが注意を引くことはできてもバイトにまで至らせるのは難しかった。
 しかし、このポイントの力は強く、中には間違いを犯す個体も居た。この一匹で場荒れした感じだったが…。
 ポイントの回復を待っていたら、明るいうちに五本松の様子を見ておけないと思われたので、ここはこの一匹で納得し、移動。

 五本松。
 減水傾向が顕著な中にあって、太い流れと水深がある場所は特に有力なポイントである。
 先日までは水勢が強く、ルアー操作に難があったこの場所も、今日は釣りのしやすい状態にあり、いたるところで見受けられるベートフィッシュの他、コイ、ニゴイ、スモールマウスといった魚の存在も確認できた。
 “フィーディングな気分”の魚の傾向を掴むまで時間を要してしまったが、今回は多摩川初投入となるラパラ/バルサエクストリーム・ウェイクミノーが解決してくれた。
 朕はこのベイトでナマズ3本、コイ1本をキャッチ。
 この時点で釣れていなかった義士がレジェンドⅡのごとく「突き落としてやろうか」と凄んでくるのではないかと不安になるが、普通に魚を釣ろうとしている普通の人間が、自分が釣れていないからといって気違いじみた発言をするはずもなく、ナマズはキャッチにまでは至らなかったものの、魚が釣れる条件を探り当て、とりあえず結果を出すことはできた。
 最初の一匹が釣れるまでは「お前には冒険心がねえ」とか「お前の釣りはつまらん」などと罵りあったり、「メシなんて食ってられるような状況か?」とレジェンドワードで遊んでいたが、結果として上々な内容となったことに満足し、メシを食っての解散となった。

 今日は上出来だったぜ、と寝床に就こうとしたところ施恩より電話あり。
 どうだった?と問われたので「3本釣れたよ」と得意げに答えたところ、「たった3本ですか?こっちは5本ですよ」とのこと。
 これが猪木の言っていた風車の理論か、と妙に納得するのだった。
スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード