癒しのデスロード

 8月4日。

 伝説の新章が刻まれたことに刺戟されてか、真の伝説であるマッドマックスの関連動画に興じていたこの日、じゅうぶんに休養を取ってから調布アユ瀬に向かった。
 潮汐を気にせず、ただ行っただけという感覚だが、陽が沈む頃に深いバイトを得ることができた。
 本命のナマズは捕食音こそ聞こえてはいたものの、朕の打つ範囲内では存在を確認できず、帰宅予定時刻が迫っていたため、泣く泣くコイ科のみという釣果で撤退。

 一方、この日、堰下エリアに入っていた李立と施恩はそれぞれナマズをキャッチしていたのだった。
 淡水域シーバスの達人にも会ったようで、内容の濃い釣りができていた様子が伝わってくる。
 当然、「オレはお前らと違ってガチじゃねえからよお」と、レジェンドⅡのように負け惜しみを言って面目を保った気になってみることは忘れない。
 きちんと状況を読んで釣り方を構築していく者に対し、ゲーム展開に於ける幹の無い者がいくら枝葉を増やしたところで太刀打ちできるものではない…と思う朕であった。
スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード