“アフォ”とか抜かす通り魔に襲われた日

 7月31日。

 昼スタートに耐えられるよう体を養い、この日久しぶりのエサ釣り挑戦。
 上手く行かなかったら「自分、根っからのバサーなもんで」と、釣れないことの言い訳をかまして決めるのがレジェンドチックでスマートなのかもしれないが、大仁田にはプロレスしかないように、朕には釣りしかないのだ。釣り方まで示されているのにやらない手は無い。「釣れてるやつの真似しねえと、見えるものも見えてこねえぞ」とレジェンドⅡが言っていたように、釣ってるやつの真似をすればいいだけのことなのだ。
 かくしてこの日来ることになっていた師匠のやって来る時間帯を狙って多摩川へ向かった。 

 登戸着。
 ちょうど師匠も来たところで、早々にオイカワを釣っていた。これはあの入れ食い状態の予兆か、と期待したが魚がそれほど入ってきているという感じではなく、朕もようやく今年初のオイカワをキャッチできた。
 やがて小物のアタリが止み、「フナが来てるかも」というので、適当にタナを深めにしたところ呆気なくフナが釣れてくれた。
 しかし、このところ流れの道筋がめまぐるしく変わるためか、魚の寄りは悪く、好況ではないと判断した師匠はエサ釣りを止め、ルアー釣りに転向。
 朕は「もしかしたら釣れるかもしれねえじゃねえかよお」とレジェンド節をかましてはみたが、釣れてるやつがダメだと判断したのだから素直に倣ってルアー釣りに転向した。
 ルアー釣りに転向したからといって釣れるというわけではないが、時間を潰すだけならルアーをやっていた方が飽きが来ないという消極的な理由での転向である。
 施恩、李立も現れ平日組ほぼ全員集合。
 李立は明日、グランドマスターの秦明とシーを狙いに行くという。土日と連続で休めぬ朕はただ羨むばかりで、レジェンドチックなやっかみの言葉も浮かんでこなかった。
やがて陽が傾きだし、朕はナマズを求めて逃げるように一人上流側へ移動。李立や施恩と並んで釣りをすれば釣り負けて自分の取り分が無くなることと、水位、水勢の関係から登戸一帯がナマズ狙いに適していないためである。

 調布アユ瀬。
 予想通りアユが大量にストックされており、コイやニゴイの姿が見える。
 この日は40クラスのレインボートラウトの姿もあった。
 マーマレットやBフォロワーに反応はあるが、フッキングまでには至らない。ルアーを見破られているという感触だ。もう少し光量が落ちれば、水面が波立ってくれれば…と思っているうちにナマズが入ってくるのが見えた。
 しめしめ、と構えていたところに電話着信。
 施恩からだ。
 今からこちらに向かうという。
 今や朕より完全に上手の施恩である。やつが来る前に仕留めなければ取られてしまう!とから焦っているうちに施恩が到着してしまった。
 登戸エリアでは李立がニゴイをキャッチし、施恩はスモールマウスをバラしたとのこと。スモールマウスをバラした悔しさからここで“本気”を出され、ナマズを釣られてしまうのではないかとやきもきしたが、今回は朕がキャッチに成功。
 今や彼らにとってはブラックやシーが第一のターゲットであり、ナマズに対してはそれほど身を入れていないということも幸いした。

 ※マー語
スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード