Jackassに学ぶ知恵

 7月30日。

 狛江中洲へ濡れずに渡る術について考えているうちに、スティーボーの棒高跳びを思い出した。ほとんどのチャレンジが失敗に終わっていたが、あれは映画だから笑いを取るためにやっていたことで、本当に跳ぶ気でやれば…それに、たとえ失敗したとしても物笑いの種が増えるだけで、猫の死体が浮いた水路を越えようとしているわけではないのだから危険も無い。
 というわけで、今日のワークには長い頑丈な磯ダモの柄をタックルとして加えた。

 この日、既に多摩川入りしていた義士より釣果報告あり。
 調布アユ瀬でキャッチしたとのこと。
 勿論「おめえばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!」とレジェンド節を打つことも忘れない。

 五本松で義士と合流。
 朕が眠っている間に一雨来たようで、川は濁りを伴う増水。対岸の緩みに魚が避難してきている様子が見えてはいたがポイントが遠く、本流の流れが強すぎるためルアー操作が満足に出来ず見送り。
 では、いよいよスティーボーメソッドで中洲へ渡ろうかと朕が提案すれば、義士も賛成の意向。と、その前にテーブレークなどでも。
 再び河原にもどれば中洲はスティーボーせずとも渡れるほどに水位が下がっており、堰からは堰操作のアナウンス。わずかの間に水位が下がるところを見れば流量は大したことがなかったのだ。
 減水から増水に移行するならポイントはここではなく第一ワンド跡の方が有力だ。
 橋を渡るのは面倒ではあるが、勝負をかけるべき時間帯まで十分にゆとりがあるからということで移動。

 登戸に来てみれば既に堰閉門による増水は起こっていた。
 流されきらなかったゴミがワンド内に滞留し、から釣りのしづらい状態ではあったが、反応は得られていた。
 今回はJOYWORKS・マーマレットでの釣果。このベイトが浮きゴミの干渉という厄介な状況の中で最も誘いの時間を長く取れていたためだろう。

 今回はゲストも釣果を得られていたので「メシなんて食ってられるような状況か?」と、レジェンドⅡが発するような不穏な空気が漂うこともなく、美味い中華を食って締めることができたのだった。

 ※マー語
スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード