河川敷でウォーカー機長を待つ日々

 7月23日。

 今年の遠征はことごとく失敗に終わっているが、ホームの多摩川では概ねゲームが成立しているから良しとするか、と思う一方、マーのように「元取らなきゃよ」という心理も働いたりしている。
 そうこうしているうちに夕刻近付く。
 ホームフィールドの観察は、天子としての朕の務めだ。

 まずはアユ瀬から、と調布水門上流側に入ってみれば、相変わらず水量は多かった。こうなっていることを予測して長靴を履いてきたのは正解だった。
 瀬の緩みは大量のアユを擁しており、早々にマーマレットで魚食ゴイのバイトを得るが、あえなくバラし。ここに至るまでの流れが強すぎるのか、次が来る気配は希薄だった。

 同日、登戸エリアに入っていた李立はニゴイとコイをキャッチしていた。
 Bフォロワーの使いどころ知る者ならではの釣果といえる。

 かつて、朕と李立はレジェンドⅡに「お前らBフォロワーは良い、良いって言うけどよお、オレには使いどころがわかんねえ」と詰められたことがある。
 形を見てそのパフォーマンスを想像し、実際に使ってみてそのベイトに込められた意図を探るぐらいのことが出来ずして、見えない水の中の世界を釣ることができてしまうのがレジェンドのヘボいところだ、と改めて思うのだった。

 7月24日。

 何とこの日、義士はアーバンフィッシングの聖地、朕と紅蠍が“マジドブ”と呼ぶ、荒川のとある支流に入っていた。
 薄汚い景色と水の中で、シーとラージという二大ゲームフィッシュが望める夢のようなフィールドだ…ただし、タイミングはからシビアだが。
 義士はソウギョ、レン公、ブラックの姿を見たとのこと。
 たとえブラックを見たとしても、それが釣れるとは限らない。そして、突然の豪雨に中段を余儀なくされたとか…。

 朕はこの日、雷雨をやり過ごしてから多摩川に向かった。
 水勢が相変わらず強ければ、カバーに依ったスモールマウスが望めるかもしれないと思われたので、今回はスイムベイト用フィッシュイーグルⅡの他に、ワーム用のMHロッド、ASR786Cも持って行くことにした。

 登戸入りしたところ、予想通り水勢は強かった。濁りの程度は若干程度だが、オープンウォーターがひたすら流れている、というような様相だったので、複雑な流れを作り出すテトラ帯にバスが入って来ていることを期待した。
 当然、すべてのテトラにルアーを通すことは不可能なので、見た目に周りとは様子の違うスポットにテキサスリグを打ち込みながら釣り上っていった。
 流していくうちに、オープンウォーターの流れの中を泳ぎまわる魚が結構な数居ることに気付く。
 小魚がこの流れの中を自在に泳ぎまわっていて、テトラ周りにアタリが無いところを見ると、もしかしたらスモールマウスはカバーに依っていないのかもしれない。
 となると、このエリアからスモールマウスを探し出すのはますます困難になる。
 第一ワンド跡を見れば、小魚やコイが集まっている。
 コイでも釣っておこうかと、ポイントに入れば堰操作のアナウンスが聞こえ、ほどなくして水位上昇。
 これはいい塩梅だわい、と、マーマレット、Bフォロワーをローテーションしているうちにコイとナマズのバイトあり。
 そのうちの一匹のナマズをキャッチすることに成功。
 写真を撮ろうとしたところ、携帯電話を忘れてきていることが判明。
 娑婆との縁が切れて久しい朕にとって、今や携帯はそれほど重要な道具でもない。このページを飾る写真が撮れなかったのは少々残念だ、と思う程度である。

 ※マー語
スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード