バギー、多摩川、行方知れず

 7月21日。

 連休中に奥只見へ行っていたという史進よりメール着信あり。
 ハジメさんとこのスプーンでネイチブトラウトをキャッチしていたのだった。
 この釣果の報に刺戟され、いささか眠くはあったが朕も多摩川に向かう準備を始めた。

 台風が去ってからはうだるような暑さが続いている。
 元々の水量が少なく、流れの急な多摩川のことだから、もう水も落ち着いているのではないかと思い、陽の出ているうちに調布水門上流側のアユ瀬に向かってみた。

 現地に到着してみると、ピークは過ぎているとはいえ、まだ水位は高く、普段は足場になる場所は冠水。
 小高い場所に立ってみれば、瀬の緩みには大量のベートフィッシュ。フィッシュイーター化しているコイも見える。
 JOYWORKS・マーマレットを投入してみたところ、ためらうことなくバイトしてきた。
 関東巨鯉倶楽部を呆気なく達成し、ノーフィッシュを逃れる。
 しかし、このポイントは足場の都合上、リトリーブコースが限られるため、粘ることは適わず、水路になった狛江ヘラワンドの様子を見に行くことにする。

 狛江ヘラワンド。
 本流から隔離されていたこの場所は、今や上流の土砂が崩され、いい具合に流れの入り込む水路となっている。まだ魚の寄りは悪いが、この状態が通常というようになればいずれ魚の寄ってくる場所になるかもしれない。
 現在はナマズが強い流れを避けているようなので、中洲下流のプロテクトエリアに是非行きたいところだが、渡る法が無い。岸からならどうか、と下流まで下ってみたが、遠投するといっても30メートル程度が関の山の朕のキャスティング能力では到底攻略不能であるため移動。

 五本松上流のワンドは流れ込みがあれば高確率でナマズが入って来るが、このワンドも太い流れの水路になっており、ナマズが止まる場所としては相応しくない状態になっていた。
 さて、この次なるポイントは、ということで、そこそこの規模の緩み備えた調布水門か第一ワンド跡かで迷うが、人工的なものより自然が作るものの方が力を持っているだろう、と第一ワンド跡に入ることにした。

 第一ワンド跡では小ナマのストライクを得ることは出来たがそれっきり。ベイトフィッシュは流れの巻く所周辺に集まっていたが、このポイント至るまでのナマズの通り道がまだ出来ていないということか。

 現在のフィールド状況がどのようなもので、どういう場所を打てば結果を出せるのか、回答を用意できていながらそれを実行できないことが大いに悔やまれての終了となった。
スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード