本気ートンクマン

 7月9日。

 蝦夷地南下中のヂョイ兄いより釣果の報入る。
 朕がよく知る故郷のフィールドを、自作ルアーで大いに荒らしてくれたようだ。「おめえばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!」と、レジェンド節をかましてやったのはいうまでもない。

 かくして迎えたこの日。
 前回はノーフィッシュを食らい、昨日は浮世の巷に巻き込まれから欲求不満を溜めていた朕は、ヒューマンガスの戒めから解き放たれたウェズのごとく多摩川へ向かった。残念ながらマシンは直列四気筒ではなく単気筒なのだが…。
 まずは登戸へ。
 前回は流れの影響と釣りのし易さの兼ね合いを測り誤って失敗を犯してしまった。
 今回は前回の失敗の教訓を活かし、自分が狙うべき魚について今一度考えてみることにした。梅雨時期の今、産卵に絡む個体群もまだ居るのかもしれないが、全ての個体が同時に同じ行動をするとは考えられないし、これまでの観察報告と自らの観察データから既に産卵から離れた個体も多く居ることが考えられたので、フィーディングで回遊してくる個体のみに狙いを絞る。

 登戸到着。
 水位は通常より高め。濁りは入っているが強烈ではない。
 李俊は今日、二本のスモールマウスをキャッチし、ナマズを一本バラしたとのこと。このエリアで正解なのか。
 第一ワンド跡の緩みには小魚が集まり、コイの姿も多く見られた。
 ここが正解の場所なら、現在の光量と濁り具合からして徘徊するナマズの姿がみえても良さそうなものだ。ところがいつまでたっても姿は見えず、周辺に探りを入れてみてもごくたまにニゴイが反応するだけであった。もう少し暗くなるまで、と様子を見るが進展はなかった。
 長く続いた雨に本流筋の水温が下がり、ナマズが強い流れを嫌ったか。こうなった時は本流が近く、かつ流れからプロテクトされる範囲が広い緩みが良いことは経験から学んでいる。かつては第二ワンドが該当箇所だったが、ウォーターマフィアどもに破壊されてしまった。現在このような条件を備えたところといえば狛江の中洲ぐらいのものである。
 こういった読みが常に正解とは限らないが、釣れないからといってただポイントを変えたり、ただルアーやメソッドをこねくり回して粘るより、遥かに確率を高められる道であることは断言できる。

 狛江側中洲。
 ベイトとして考えられるのはアユではなく無数の小魚(後にオイカワの稚魚と判明)と叢で存在を示すカエルといったところか。
 盛んとは言い難かったが、何度か反応を得られようやく一本をキャッチ。 
 「使いどころがわからねえ」とレジェンドには評されたBフォロワーだが、朕は使いどころを知っているので、ペンシルベートではバイトのみに終わってしまう激浅のポイントを制することが出来たのだった。

 ※マー語
スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード