ロードウォーリアー購入後…

 7月2日。

 雨と大潮の重なり。
 場所は得ている。
 今日は必ず釣れるでしょう、と、まずはアユ追われる瀬の様子を見に行く。
 既に雨は上がっていたが、荒れない程度に水位は上昇しており、いかにもこちらに好都合な様相となっている。
 コイ科の魚がアユを追うのも見える。
 当初は入って来る魚の数が少ないという印象だったが、時間の経過と共に違う個体が入ってくるのが見て取れたので、休み休みでキャストを続け様子を窺う。
 やがて、この日既に多摩川入りしていた義士が五本松に到着したとの報が入る。
 コイ、ニゴイのバイトは得られていたがフッキングを決められず、だからといって決定打になるものは何か?を真剣に探る気もない朕はコイ科を諦め、義士と合流することにした。

 五本松入りしたところ、義士が下流側のシャローフラットに固執している様子が見えた。
 「おめえばっかポイント独り占めしてんじゃねえよ!」と、レジェンドの言葉を挨拶代わりとし、一体どういうことなのかを聞いてみる。
 どうやらコイのルアーに対する反応がやたらにいいらしい。
 アユの魚影の濃さがコイをフィッシュイーターにしているのは明らかだ。また、この魚食鯉はそれほど遠くない間合いを徘徊しているのがわかったので、マルキューこれだ!シリーズほどではないにしても「コイにこれだ!」とコイ科狙いには欠かせなくなってきたBフォロワーをキャストしたところナマズがヒットしてきた。
 いくらナマズの方が例え偶然でも嬉かろうが、コイ狙いのードであるという事実は否めない。
 このナマズのヒットという偶然から、完全にナマズ狙いという意識に変わる。
 今日もまた昨日同様、ナマズがセレクティブであるという傾向に感じられ、魚がたくさん入って来ていてもフッキングをなかなか決められなかった。
 それでも釣れる魚が居るのもまた確かで、義士はリッジで。
 朕はフラットラップで、とりあえず釣ることはできた。
 ナマズが全体的にどんな状態にあるのかはわからなかった。というのも、二、三匹が本流筋の水面で蠢く様はペアリングなのか闘争なのかも判定できなかったためだ。加えて時折捕食音も聞こえてくるので一層思考に迷いを生じさせられる。
 長年ナマズ狙いをしてきたわけだが、所詮こちらは釣り方を知ってるだけに過ぎないということを改めて思い知らされての終了となった。
 
 ※マー語
スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

武松さんの部下の坂口です。

今度多摩川デビューする予定なので、お会いした時はよろしくお願いします!

Re: タイトルなし

では本名に代わり、素晴らしいホーリーネームをいずれ与えましょう。
プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード