「だらしがねえなあ」と言っていた張本人が、結局いちばんだらしなかったという事実に憤る

 6月11日。

 昼前に登戸堰下エリアに入っていた義士より釣果の報入る。
 今日は長潮である。釣果を得ただけでも上等といえなくもないが、実際のフィールド状況を見ていないため、レジェンド的な判定は先送りとした。
 これから登戸へ向かうという。
 朕はエサとルアーの2タックルで家を出た。

 登戸入りし早々にエサ釣りを開始。少し経って、師匠、義士の順で到着。
 既に雨の影響は消え去り、ポイント周辺は流れが遠く、水は澄んできていて魚の寄りも悪い。次第に集中力が途切れ、ルアー釣りをしている師匠と義士に合流。
 流れは弱く、加えてこの潮回りでは釣果は望めない。師匠撤退に合わせ、朕と義士は五本松エリアに向かうことにした。
 潮回りの悪い日は強い流れだけが頼みであると信じているためだ。
 流れは常に意識するべき要素ではあるが、このような日は特に気にして見極めていかなければならないと思っている。

 五本松にはナマズ狙いと思われるウォーズマンあり。
 朕は瀬の落ち込みと流芯がらみの流れが巻くところを重点的に表・中・底と流してみるが反応は得られず。
 まだ早いのか、と思ってみたが瀬の上流部でウォーズマンが立て続けに二尾のナマズをキャッチしていた。
 今日はこのエリアで正解なのか、と期待したのも束の間。その後は何事も起こらず。
 見えるナマズも居たが、先ほど釣られた個体なのかルアーには無反応。いつの間にか見えなくなる。
 こういった状況を見るに、日中にニゴイをキャッチした義士の成果は賞賛に値するものなのかもしれないと判断し、当然朕は「突き落としてやろうか」という評価を下した。
 朕は4日続いた連続キャッチ記録にストップがかかり「なんだ、釣れなかったのか。だらしがねえなあ」と、ロクに釣れてなかった人に罵られかねない結果となってしまった。
スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード