不可能への挑戦

 6月10日。
 
 潮回りはいまひとつでも気候の良い時期である。
 「オレはよお、フィールド行ってルアーキャストできるだけで満足なんだよ」という、もう一人のレジェンドの言葉に共感する朕は、この日の出発が夕方近くとなってしまったため、ルアータックルのみで登戸へ向かった。
 ちなみにこのレジェンドは自分だけ釣れず、調子よく釣る紅蠍大先生のキャスト先に「おめえ釣り過ぎだ!」と言って石を投げていた。
 あの人も実力と不釣合いなほどにガチだったな…。

 かくして登戸入り。
 現地には師匠とセニョールの姿。
 師匠は顔を合わせるなり苦い表情を見せる。どうしたのかといえば、つい今しがたスモールマウスをバラしてしまったとのこと。
 朕が「だらしがねえなあ」と、レジェンド語録を引用したところ「オレだってちゃんとやってるよ!」と、こちらもレジェンド語録の引用で返された。
 既に雨の影響の収まった現在の登戸で次を期待するのは厳しいのかもしれない。しかし「もしかしたら釣れるかもしれねえじゃねえかよお」というレジェンド語録もある。
 ということでキャスト続行。
 朕はここではコイでも釣ってやろうと、小魚跳ねる第一ワンド跡の瀬に向かった。魚食モードに入っている個体がいることを期待してである。
 運よくここには魚食モードの個体がいて関東巨鯉倶楽部達成。
 JOYWORKS・マーマレットでの釣果。
 また、この瀬の落ち込みにはまだレインボートラウトが残っていて、ワンダー60にバイトしてきていた。
 とはいえ、ここは朕にとってホットな場所ではない。来るナマズステージに備えつつ、師匠と映画の話などをしていたところ、施恩登場。
 デプスのビッグベイトをキャストしていたところ三尾の小バスが湧いてくるのが見えた。しかし、これはこういう現象があった、というだけのことだった。

 五時の鐘を機に、師匠は撤退、施恩は下流エリアに、朕は調布とそれぞれの道に就く。
 東京へ戻る橋の途上、セニョールが30クラスと思しきスモールマウスをキャッチしているのが見えた。向こうもこちらに気付いたので、朕はサムアップのサインを送った。

 調布堰下エリア。
 ここ数日通ったことにより、地の利を得ている。
 “使いどころがわからねえ”Bフォロワーで本命キャッチ成功。
 しかし、いかに周りに人が居ない状況ではあっても、ドヤ顔アホ面自撮りをしてのける度胸は朕には無く、普通に写真を撮っての自慢メール送信。
 改めてレジェンドの偉大さを知る。
 すぐさま施恩からメールが返ってくる。
 立て続けの二尾。しかも一尾は70オーバーとのこと。
 「オレはお前と違ってガチじゃねえからよお」と、負け惜しみを言って引き下がるしかなった。
スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード