李さん一家

 6月7日。

 毎回毎回、良く釣る後輩を突き落としてもいられない。
 たまには「みんなあの人上手いって言うけどよお、あの人本当に上手えかあ?」と言わしめたいものだ。これは後輩が先輩に対する時のレジェンド流のやっかみである。

 先日は雨により、中途半端な探りで終わってしまった調布の堰下ポイントを単独で目指した。
 今や李立も施恩も朕より完全に上手。抛っておいても正解に辿り着くだろうから、朕は自分のポイントを見つけることだけに邁進すればよい。
 というわけでこの日は完全にマイペース。
 ポイントが東京側にあると、水道橋を渡らなくても良い分、いくらかからだが楽なので助かる。

 ポイントに入ってみると、最上級だと思われていたポイントはただ流れていくだけの作りとなっており、やや下流側の方が、巻き返しとシャローフラットが重なり良好な条件を備えていた。
 一帯は至るところでベイトフィッシュが濃いのでどこでも可能性があるようにも見えるが、釣果を得るにはベイトという要素以外のプラスαを見つけなければならない。
 自然環境ありきの思考、ゲーム展開。
 必ずしもこちらの推測通りに事が進むとは限らないが、ただ実績ルアーを実績ポイントでキャストするよりよっぽど確率を高められる釣りの手法である。
 身近な伝説のアングラーたちはこの真実に気付くことなく、ヘボいまま時間だけを重ね、釣りを卒業していった。本人たちは“卒業”と言って面目を保ったつもりになっているが、客観的に見れば間違いなく“落第”である。

 光量が落ち始める頃、朕は立て続けにコイ科をキャッチ。
 とりあえずのノーフィッシュは回避できたので、安んじてナマズ狙いに集中できる。
 条件の揃った場所である。待っていれば必ずやナマズは来るだろう。
 と、待っていたところいつの間にか下流側のポイントに入っていた施恩からメール着信。
 70クラスだという。
 ほどなくしてこちらにもナマズの姿が見えるようになり、ストライクを得る。
 施恩がキャッチした魚より大きくサイズで下回る個体だが、時間的にこれ以上粘るわけにもいかない朕は、切り上げ、下流側の施恩のところに顔を出す。
 施恩の他に李立も居て、まだここで粘るという。
 朕は施恩に「突き落としてやろうか」と、賞賛の言葉を贈り帰宅。

 その後彼らがどうなったのかというと…実はまだ二階にいるのです。
スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード