MBL

 6月3日。

 昨日の釣果で、確信めいたものを得た気になっていた朕ではあるが、自然界で起こる変化を捉えていなければ、こういったものは容易に崩れることも重々承知している。
 拳の握り方にも疑問を感じるよ、という姿勢が大切だ。

 かくして迎える当日。
 河口湖にガイドサービスを受けに行った施恩からの報を心待ちにしつつ、夕刻近く、雨後の多摩川は登戸へ向かう。
 現地には既に李立が到着していた。
 川を見れば、濁りが入り水位は上昇しているが、水に新鮮さを感じられない。流れが弱いのだ。この程度の水ではカバーは力を持たないし、第一ワンド跡に魚が避難してくることも無い。
 ダメだこりゃ、ということで水量水勢のある五本松へ向かう。

 五本松。
 曇り空と豊かな水量。魚が集まっているのが一見しただけでわかる。
 太い流れの中でベイトを操るのはなかなか上手くできなかったが、ここでは朕が二本キャッチに成功。
 バギーのおっちゃんぢょんいうところの“ネタ”ルアー、ソルト用ビッグペンシルにも血を吸わせてやることができた。
 しかし、続々と入ってきているようにも感じられなかったので、更に上流の様子を見に行こうと移動。

 上流エリアにベイトは濃かったが、フィーディングゾーンと目されるポイントまで朕のキャスティング能力ではベイトを送り込むことが困難だ。
 ここで集中力を保つことは不可能。無理だとわかっていてやり通すだけの、おっちゃん言うところの“虚仮の一念”など持ち合わせていない朕は、更に上流の瀬周りか、宇奈根エリアかへのポイント移動の判断を、優れた後輩である李立に委ねた。
 李立は宇奈根エリアを選択。

 宇奈根エリアまでの移動はからしんどかったが、可能性と許された時間があるなら、というわけでがむばってチャリを漕いだ。
 下流側のフラット周辺にベイトは濃厚。
 朕はここで早々にバイトを出すが、決められず、その後は撃沈。
 李立も当初は「釣れましたか?」「アタリはあるよ」症候群に悩まされていたものの“本気”を出し2本のキャッチに成功。
 共にキャッチ数は2匹ずつだが、サイズでは李立が勝っていたので、朕は「突き落としてやろうか」と祝福した。

 ※マー語
スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード