イエスタデイワンスモア

 5月11日。

 玉屋で珍妙なルアーを発見。
 価格の安さもあって、いわゆるネタになるだろうと購入。見えナマズでもいたら使ってみようかな程度の感覚だ。

 この日も夕刻近くの出発。
 投げて巻くだけのつまらない釣りを好む朕は、視覚的なごまかしの効く、光量が落ちてからの時間帯が“本気出す”時だ。
 自然の動きとは違う力によって流れが変えられてしまう現在、強い場所を予測できなくなってきている。
 登戸馬の背周りも常に強いポイントではなくなってきているが、終わっているわけでもないようで、朕はノーフィッシュを食らったが、この日李立はトップウォータープラグでスモールマウスをキャッチ。
 現在は風向きが可能性を左右する要素となっている。
 自分だけ釣れなかったので「突き落としてやろうか」と言ってやったが、オリジナルの本気で怒っている様をもう一度見たくなってきた。
スポンサーサイト

テーマ : お仕事日記☆
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング バスフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード