過去様

 5月13日。

 長潮ではあるが、昨晩の大雨、温暖な天候もあって絶望的というわけでもなさそう。
 というわけで今日も多摩川へ向かう。
 特に濁りはフナ狙いのチャンス。ルアータックルの他にエサ釣りタックルを持って登戸入り。

 現地には師匠。
 エサ釣りはせず、ベートキャスティングの練習をしておられた。
 エサ釣りのエキスパートがこんな日に何故?と川面を覗き込んでみれば、川に濁りは入っているものの、水位は平水位。増水の跡はあったが、降雨時間が短過ぎたのだ。
 雨による増水というプラスは期待できない。
 しかし、せっかくエサ釣りタックルを持ってきたのだから、とエサ釣りに手を出してみたが、結局ノーフィッシュのまま終了。

 夕方からはルアー釣りを、というところだが、馬の背周りに魚の息遣いは弱く、こちらのンションも上がらぬままのキャストとなる。
 後から来た李立はこの様子を見て“立ち木千本、バス一匹”を試みる。
 李立とは顔見知りだというデプスオタクの青年も現れ、三者三様の攻めを展開していたところ、李立が魚を手にしていた。
 増水が残り、カバーが力を持つような状態になっていれば、それこそ40アップの世界だったろうが、条件が満たされなければ結局釣れたとしてもこんなもんなんだな、と妙に納得。
 長潮の日に釣れただけでも上等といえるが、因果関係も気にせず、釣れたり釣れなかったりを重ねてるだけの先輩には「だらしがねえなあ」と言われてしまうだろう。

 5月15日。

 強いポイントが見つけられないまま、また、探しにいくこともせず、登戸周辺だけで何とかしようと過ごしている。
 結局、どのエリアへ行っても一帯を俯瞰して分析して見なければ各ポイントの力は測れない。登戸周辺を俯瞰すればここの上下だけでゲームが成立する条件は揃っている。
 この一帯でしっかり釣りができないようでは、他所へ行ったところでよい結果は得られないだろう。

 というわけで今日も登戸へ。
 現地には師匠、李俊、李立、施恩の他にバイカーの姿もあった。
 これから勤労が控えている施恩は早退。
 容易に口は使ってくれないが、時折ボイルはある。それぞれにキャストしたりだべくったりしているうちにバイカーがスモールマウスをキャッチしていた。
 どれどれと近付いてみれば、40には満たないものの、なかなかのサイズ。
 ビーフリーズ65SPだという。
 65SはエサだがSPとかFじゃ釣れないんじゃなかったっけ?あ、あれはシーバスの話か…などとたわけたことを言い合っていたところ、バイカーもこちらの話の概容を察したようで「若干シンキング気味になってますよ…」と苦笑い。
 冗談トークはともかく、このレンジでいいのか、ということでキャストにも身が入るが、魚の数自体が少ないためか、その後は何事も起こらずこの日は終了となった。

 5月17日。
 
 昨日相模湖へ行っていた李立と施恩。
 施恩はキャッチに成功。
 李立はフッキングを決められずノーフィッシュに終わったとのことで、その気持ちを写真にしたためていた。

 この日も夕刻近くの出勤。
 日曜日である。早く出たところで満足に釣りも出来まい、というわけである。
 現地入りしたところ、師匠、李立の他に張横の姿があった。
 張横の話は、日頃朕には疎い、ルアー業界の今を知る貴重な機会となっている。
 直接自分の釣りに関係ないことであっても、何が起きているのかを知っておくことは一方では重要でもある。
 ボイルも時折あり、下野さんは2本のキャッチに成功しているという。
 更新後の中潮なのだ、悪いはずがない。
 とはいえ、水面をボートが行き交い、人も多いという中を釣るのは困難である。
 朕と李立は師匠の撤収にあわせ、登戸エリアに比べれば圧倒的にプレッシャーの低い堰下エリアに移動した。

 予想通り、堰下エリアは人も少なく、存分にキャストできる状態になっており、日に日に魚の息遣いも強くなっているように感じられている。
 と、期待をこめてのキャスト…駄菓子菓子。
 キャッチ成功できたのは李立だけだった。

 そして同日、上流エリアに入っていた義士からキャッチ成功との報あり。
 「突き落としてやろうか」がすっかり常套句となっている近頃である。 

 5月19日。

 連続ノーフィッシュに歯止めを、というわけで、今日も「北浦で鍛えた本気を出す!」と多摩川へ向かう。

 それはさておき、最近激熱の釣具店を世田谷区内に発見。
 OSP商品の充実振りはともかく'90年代バスバブル期の名品、懐かしの品々が店内に溢れている。
 朕はから興奮し、かつて持っていたバイタルスティック/VSS-602MLを買ってしまった。
 当時は2万5千円もした、ラリー・ニクソンの名を冠した高級高性能スピニングロッドである。
 この店での散財はしばらく続きそうな予感…。

 話は多摩川に戻る。
 工事による河川改悪と、季節的な要因によって、登戸エリアは必ずしも好適なポイントではなくなってきている。
 この日も師匠の撤退に合わせて、朕と李立は堰下エリアに入った。
 上流の中野島堰下エリアもありだったが、雨後の藪漕ぎが厄介だと思われたのでこちらを選んだ。

 ポイントには先客のルアーマン。
 魚の息遣いは強く、期待が高まる。
 朕は徒歩移動可能範囲を歩き回って一帯の様子をチェックしていた。
 対岸のルアーマンがナマズらしき魚をキャッチしているのが見えた。
 光量の落ち込みに合わせてスタート地点に戻っていったところ、李立が先客のルアーマンと話し込んでいる。
 先客は李立のアドバイスを参考にして2尾のナマズをキャッチしたとのこと。ナマズをキャッチしたのはこれが初めてとのことで、喜びのうちに撤収。
 我々も本気出して行こう。
 先日の若潮の日の多摩川河口、丸子堰の様子からしたら、シーバスだって入ってくることもあり得るのだ。
 と、キャストを続けたが李立がワンバイトを得るもフッキングを決められず、共にノーフィッシュのまま終了。
 「多摩川はもう飽きた」と言って逃げるのが賢明なのだろうか…。

 5月21日。

 釣れないからといってスネてしまうのもひとつの手だが、現に川には魚が生息している。また、釣れないからこそ、釣るためにはどうすれば良いのかを考え、上達の機会にもなる。
 釣れるのがもちろんベストだが、釣れなくても楽しめるのがゲームフィッシングの良いところだ。

 この日も「本気出す」と、多摩川へ向かえば李俊と師匠の姿。
 昨晩から今朝にかけての雨の影響を期待したが、濁りは入っていたものの水位水勢は平常のもの。
 午前中には増水と強い流れがあり、李俊は40アップを含む3本のスモールマウスをキャッチしたという。しかし、流れが収まってからは北風も吹き、さっぱりだとのこと。
 師匠は新調したスピニングロッドで来ていた。
 MからMLクラスの昔のスコーピオン。中量級のウエイトも背負えるバーサタイルスピン。一通りの装備は整った。いずれ師匠をナイトゲームやシーバスゲームに招待したいものだ。

 やがて風向きは南に変わり、登戸馬の背周りに有利な状況となる。下流の堰下、上流の堰下、対岸のどこかで夕刻以降を釣ろうと思っていたが、この状況なら最後までここで良さそうだ。
 李立も到着し、夕刻からの勝負に備える。
 
 状況は予想通り悪くはなく、レインボートラウトやナマズのバイトを得る…が、ひとつも乗せきれず。
 李立が、アブガルーシャ・キムケンリールとフェンウィック・スマート70Mにペラインとチアーバンプの組み合わせが“…グリップで振動が増幅し、どうにもならなくなる”というレジェンドな感覚が味わえるから試してみろという。
 タックルを借り受け、操作してみると詳細にルアーが水を掴む感覚が伝わってくる。素晴らしい感度だが、どうにもならなくなるというのはどういうことなのかは結局わからず終い。
 そして皮肉にも、この借り物タックルに最も深いバイトが出る。
 寄せてみれば60クラスのナマズ。
 頑強さを売り物にするキムケンリールとメリケンロッドのの組み合わせはぐりぐりと魚を寄せて来たが、グリップで掴もうとしたところフックアウト。
 その後、朕も李立もバイトを出せてはいたが掛けきれず、潮止まりを迎え終了。
 「何だ、釣れなかったのか。だらしがねえなあ」「オレだってちゃんとやってるよ!」などと言い合い「メシなんか食わねえぞ!」と言って別れたが、帰宅後しっかりカレーを食ったことはいうまでもない。

 ※マー語
スポンサーサイト

テーマ : お仕事日記☆
ジャンル : 就職・お仕事

tag : ルアーフィッシング バスフィッシング 多摩川

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード