殺意遊戯

 5月1日。

 上昇の中にある現在。
 昨日は李立がスモールマウスとマルタをキャッチしていた。
 ハードベイトで釣れないとすぐにフィネスリグを投げてしまう人には、CGとかカナモだと思われてしまうかもしれない。
 しかし、自然環境の中にいる魚をルアーで釣ることはどういうことかを知っていれば、自分がこれを再現できるかどうかは別として、何ら不思議なことではない。

 この日も朕は夕刻近くの出勤となった。
 アユの動きとナマズの捕食場がリンクしてきたので狙うべき場所が見つけやすくなっている。
 魚釣りの方法さえ間違えなければ釣れるという状況だ。
 師匠が帰り支度を始める頃、李立と施恩が到着。
 施恩は明日、かつては多摩川によく訪れていた腕利き、関勝の地元、凌州は蒲東県を訪ね、近郷近在のバスフィールドや八郎潟へ行くということでからペンションが高かった。
 そこで朕はかつて経験した八郎潟でのノーフィッシュと二桁釣果の事例を語り、存分に楽しんで来られよ、と先輩風を吹かせながらキャストしていたところスーパースプークJrにバイトが出る。
 しかし掛け損ね、そこへすかさず施恩がダブルスイッシャーを投入したところ再びバイトが出る。フッキング成功となり、寄せてみればそれはスモールマウスだった。
 朕は「殺してやる」と呟いた。
 場所は間違っていないと感じられたので、我々はここでキャストを続けることにした。
 陽が完全に沈む頃、施恩のダブルスイッシャーにナマズがもんどりうってバイトしてくるのが見えたがフッキングには至らず。
 程なくしてイマカツ高級クランクを巻いていた朕がナマズをキャッチ。
 今度は施恩が「殺してやる」と呟いていた。

 何度か反応は得られていたものの、結局キャッチできたのはこの2本のみ。
 しかし、ネタを楽しみつつ釣果も得られたのだから十分でしょう、ということでこの日は解散となった。

 ※マー語
スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング バスフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ik 霞DESIGN インサイドボーラーは知人が企画に携わっています。
ナマズのコンセプトは無いかと思いますが副産物といった所でしょうか(笑)

Re: No title

魚種を選ばず通用するルアーを求める自分の要求にばっちり応えてくれました。
特に流れの中で使えるというのは多摩川プラッキングに於いて一番重要な要素と考えています。
プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード