PSYCHO GAME

 4月11日。

 小潮。下り坂の気象。
 “もしかしたら”を感じさせる要素はどこにも見当たらない。
 つい先日まではジャークベイトで良型が出ていたという話は聞いているが、ここ数日の天候の移り変わりは高地のフィールドを確実に下らせているだろう。本来なら遠征は順延というところだ。
 しかし、西湖が舞台となれば話は別である。陸っぱりしかできない朕にとっては最高のバスフィールド。機会ある限り行きたい場所なのだ。
 当日になってますます雲行きは怪しくなって来たが、もはや是非も無い。
 更に、釣れないかもしれないよ、という前提にもかかわらず、李立と施恩が参加表明。
 望み薄という状況の中、からペンションが高い状態で、史進、李立、施恩と合流。
 朕の帰宅時刻の都合上、出発は遅めとなってしまったが、昼前に河口湖に着き、サワヅラさんの店を物色した後西湖入り。
 遊魚券購入がてら、松屋ワンドからスタート。
 まずは水に手を突っ込んでみる。感覚的には十分魚が釣れる温度だ。浮き桟橋を見ればナイスサイズのブラックが3匹ほど付いている。
 どんな状態なんだ?とジョイントのギル型ルアーをキャストしてみたところ、とりあえず見には来ていた。
 しかし何かが魚の行動を抑制している。
 こんな魚に感けているのは時間の無駄である、と朕は切り捨てたが、施恩は「オレはよぉ、サイトは相模湖で鍛えたからよお」と御執心。
 スモールラバージグで口を使わすところまでは持ち込めたがフッキングには至らず。
 ならばシャローに入ろうとしている魚を見つけようと一帯を探ってみるが、何も見つけられず。

 冬の場所と春の場所が隣接するところはどうか?ということで紅葉台へ。
 垂直岩盤からシャローに繋がるポイントにナイスサイズのブラックが2~3尾が見える。たまにルアーに顔を向けることもあったが、釣り人の立ち位置の問題もあってか手の施しようも無く…。
 こういう時は見切りも肝心なのだが、ひらめきも手掛かりも得られないまま徒にキャストを続け、時間だけが経過していった。
 やがて、ただ今日は行ってないからというだけの理由で、西湖レストハウスへ移動。

 ヘラ師が多く、深ダナを打っているヘラ師が時折竿をしならせ、良型を釣り上げていた。
 流れ込み周辺にはワカサギらしき姿も見るが、この程度の規模ではバスを寄せるだけの力は無いだろう。
 李立と施恩は岬まで進み探索を続けていたが、朕と史進は手の打ちようが無いと諦め、ただ美しい水の流れと幻想的な風景を愉しむしかないという精神状態に陥っていた。
 
 一度はシャローを目指したバスも、このたびの下降で冬、もしくはそれに準ずるポジション、状態に移ったのだろう。粘ったところで無駄なことだ、と皆が口にする。
 しかし「もしかしたら釣れるかもしれねえじゃねえかよお」というレジェンドの言葉を思い出し、思考もへったくれも無い心境でポイント移動をしながら、ひたすらキープキャスティング。
 そんな中、李立はラパラをトレーラーにしたハードベイト版アラバマリグでデカバスのバイトを誘発していたが単発でフッキングは決まらず。
 遂に全員ノーフィッシュで終了か、と思われた時、どうにか施恩がキャッチに成功。
 と、ルアーを食っていたのはヘラブナだった…。
 やがて迎える日没。
 終わった…。

 厳しいと予測はしていたが、あんまりな結末に「メシなんか食わねえぞ!」と、遠征を重ねていくうちにノーフィッシュが常態化していったバギーのおっちゃんばりに、誰もがキレた真似をして笑いを取ろうとしていたが、本当に皆腹が減っていたため、しっかり晩飯を食っての帰宅となった。

 ※マー語
スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : バスフィッシング ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード