開封からの便り

 3月30日~4月5日。

 「終わりは無いのです。ひとつの旅から次の旅へと続きます。死に絶えるものは何ひとつないのです」
 ケインの言葉をしみじみと噛み締め、会寧府で過ごしていたこの期間、朕はフィールドから遠ざかっていたが、サマナたちはそれぞれワークに励んでいた。

 多摩川では李立が滞りなくキャッチ。
 ドブには秦明、李立、施恩が臨みシーを。
 史進は新利根でステージを上げていた。

 かようにして、サマナたちは日々の習修を怠らず、ワークの結果を顕し、解脱に向かっていたのだった。
スポンサーサイト

テーマ : 派遣
ジャンル : 就職・お仕事

tag : ルアーフィッシング 多摩川 バスフィッシング シーバスフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

史進殿の新利根写真ケタバスですね
居るの知りませんでした...。
ミノーとの対比がナイスです!

Re: タイトルなし

不思議と多摩川には居ない、小粋なフィッシュイーターですね。
特に狙って釣ったことはありませんが、釣れると妙に嬉しい魚です。
プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード