渋ガファリ

 3月6日。

 この日も、日中はスモールマウス、夕刻からはマルタを、というつもりで多摩川へ向かう。
 スモールマウスの動きは曖昧に感じられている。一方マルタはというと、遡上の動きが明白である。
 
 現地入りしたところ、釣り人の数も多く、イージーキャッチの条件も発生しづらい状況にあった。
 風は弱く、気温は上昇気味。活性は上がるだろうが警戒心も強まるだろう。魚が来るかどうかも怪しいのに、釣り難い条件の中を釣ろうとは思わない。
 まだ早い気もしたが、マルタ狙いに移行。

 この日は義士もマルタ狙いに来ていたので合流し、ポイント一帯を見て歩き、バカ釣り成立のチャンスを窺うが、魚はただ居るだけ、というような状況。
 先日のバカ釣りは遡上の第一陣だったのかもしれない。
 釣り難い状況ではあったが、朕はマルタ6本、ニゴイ2本をキャッチ。義士は1本のマルタをキャッチ。
 
 今回は何とか拾えたというような結果となったが、また機会はやってくるだろうということで、落ち込むことなく撤退。
スポンサーサイト

テーマ : お仕事日記☆
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード