タトューラブギュ!

 3月9日。

 昨日、円天をひり出し※1ューリを購入。
 ラトリンのハードコアバイブを求めて歩き回ったのが※2ザとなってしまった。
 しかし、娑婆に押し込められながらも殉教者としての務めは果たし、明日のワークに備えることはできた。
 一方、リアルワークを行っていた李立はしっかりブラックをキャッチしていた。
 アラバマやハードベイトで釣った方が“男らしい”のだろうが、状況ごとに合ったルアーを選択しなければ釣れる魚も釣れないというものだ。
 アイマに言わせれば“シーバスの存在が明らかな状況で、ゲーム性の低いソフトベイトは最後の手段に取っておきたい”だそうだが、ソフトベイトがベストな状況だとわかったのならソフトベイトを使えばいいし、ソフトベイトが有効である、というところまで追い詰めていく過程がゲームだと思う。
 そもそもソフトベイトはどんな状態の魚も釣ってしまうほど万能ではないし、渋いからソフトベイトなんてことも無い。
 もし、最後の手段になるほどソフトベイトが優れたベイトであったなら、朕はいつでもヤマモトのワームをキャストしていることだろう。

 さて、この日もフリームスを載せたUSAシマノで多摩川へ。
 シマノならバンキッシュクラスのリールでも、シェイクすればハンドルのがたつきから来る振動がグリップで増幅されどうにもならなくなってしまうらしいが、ダイワはどうなのだろうか…といった思い込みによる勘違い、及び冗談はともかくとして、厳寒期を抜けた今でもスピニングタックルの出番が多い。
 それだけUSAシマノのロッドは何かと使い勝手が良いのだ。
 の店長に勧められて、「へぇ~、そうなんだ。オレが本当に欲しいのはオールスターなんだけどね」程度の気持ちで買ったものがここまでメインの座を占めるようになっているとは思いも寄らなかったことだ。

 このところ下り気味の天候が続いているので、フィールド状況が芳しいとは思えないが、マルタと、それに伴うコイ、ニゴイが釣れるだろうし、スモールマウスも活動を続けている。どれをメインに狙うかは現地の様子を見て決めればいい。

 現地到着。
 小雨交じりの中、登戸エリアには結構な人の数。
 一通りキャストしてみるが、ファストムービング系には反応が無い。ボトムレンジを探っている者も反応を得られていなかったので、朕はスモールマウス狙いを止め、堰下エリアへ向かった。

 堰下エリア。
 時間の経過と共に雨は強まっていく。そんな天候に関わらず、マルタ狙いのアングラーが何人か居た。ポイントは狭いので先客が撤退するのを待たなければならない。その間、水量は増え、濁りも入るようになっていた。
 先客が去り、魚の存在が明らかな場所もはっきりしてきたが、魚の数自体少なく、バイトも少ない。
 やがてブラック狙いを諦めた李立到着。
 数少ないバイトをきっちりモノにし、2本のニゴイをキャッチしていた。
 朕はノーフィッシュに終わり、昨日買ったばかりのレンジバイブとザブラバイブをお布施し「※3ぁあ、やられポンキッキだぜ」と、虚しく帰路に就くこととなった。

 ※1、おフランス語
 ※2、3、マー語
スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード