早春賦

 2月23日。

 確実に季節が進んでいる。
 当然のことであり、誰もが認識していることではあろうが、実際にその動きを体感できることは喜びである。
 釣れるルアーを知っていても、釣れるメソッドを知っていても、自然を知ろうとしなければ釣れる確率を高めることはできない。
 実際に釣果を得ようと思ったら、技能としての腕を磨くより、自然についてより多くを知ることの方が大事だ。

 この日朕は、スモールマウスが釣れれば大型という状況ではなくなっていると感じられていたため、狙いをスモールマウスのみに絞らず、ナマズやマルタも意識して臨んだ。
 単にナマズやマルタを釣りたいと思って、というだけのことではなく、季節の動きを考慮してのことでもある。
 用いるタックルはこれまでどおり、USAシマノのスピニングタックルだ。

 現地到着したところ、何人かの先客あり。
 フナ狙いの爺さんたちが居たが、この人たちは毎回釣っているのを目にする。大したものだと感心している朕にもアタリがあった。
 しかしフッキングにまでは至らず。
 “この前釣れた”ヤムのフローティングワームだが、合っていなかったということか。その後ルアーを変えて探るが何事も起こらず。
 程なくして下流側に居たエバーグリーン遣いが60クラスのナマズをヒットさせていた。
 フィッシュグリップを貸し、ランディングしてみると、このナマズ、口にラインブレイクしたローリングベイトが付いていた。こういうこともあるのでトリプルフックはパープレスにしておきたいものだ。
 このクラスのナマズが徘徊しているのなら、ここでスモールマウス狙いは厳しいだろうと思われたので、キャロライナリグを解き、リーダーを組み直し、巻きの釣りの準備をした。
 陽が傾きだす頃李立到着。
 朕は上昇の流れに乗じ動き出す魚を求め、ブラック狙いは李立に任せ、一人宿河原堰下を目指した。

 堰から下の流域を見て歩いたがコイの姿しか見えない。
 スモールマウスの反応と、今日のナマズの動き、先日のドブの様子からすれば春は間違いなく進んでいるはずだが…と、下って行けば、マルタ狙いと思われるフライマンとルアーマンの姿があった。
 近付いて見てみれば、マルタの存在を示す水面の動きがたまに程度にあり、ルアーマンがマルタをキャッチしていた。
 こちらの様子を李立に伝えたところ、返信あり。
 ワームじゃなくルアーで釣ったと言えば自慢になるか。
 冗談はともかく、釣れるには釣れたが、やはり釣れれば大型、という時期は過ぎた感があるとのことで、こちらにマルタ狙いに来るという。

 先客が撤退したのを機に、我々はマルタを狙い始めた。
 結果、朕二本、李立三本という釣果を得る。
 アタックは何度か得られたが、ランディング途中にある強い流れによってフックを外されるという現象に悩まされていたため、数を稼げず。
 マルタがそれほど釣れなかったのは仕方ないにしても、フッコをバラしてしまった李立はから悔しかったことだろう。

 マルタ、純淡水域シーバスと多摩川の春の訪れを感じられたのは喜びだが、ここで危惧されることが浮かび上がる。
 来月の霞水系釣行予定だ。
 春が進めばすすむほど、それだけ朕の40アップキャッチ率は下がっていく。今後の気象の動向によっては“デカバスを求めて春の霞水系へ”から“ラージマウスバスを求めて霞水系へ”ということになってしまうかもしれない。

 ※マー語
スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング バスフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ヒロ斎藤

...ではなくてヒロ内藤の本を注文しました。週末届くので愉しみです。
チヌシンカーと、小巻は入手難かと思われたトライリーンXT,XLも購入出来ました。
24日にマルタキャッチの報は施恩氏に聞いております。
現在、上河原堰堰下左岸に居て魚道を渡り消波ブロックを経て右岸に行くつもりが若干増水気味で渡れそうもありません。
マルタはざっと見た感じですが数千匹は居ます。

Re: ヒロ斎藤

ヒロ内藤先生の含蓄は、セントーン級の妙味がありますよ!
プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード