クリストファー・ウォーケン対デニス・ホッパーに役者の貫禄を見た

 2月17日。

 昨日もデニス・ホッパー曰く、ピーチのような嫁っこ、パトリシア・アークエットで、李立がスモールマウスをキャッチしていた。
 時にメソッドの変更が現状打破の鍵となることを示す。
 但し、メソッドの工夫で魚を得ようとすることは魚が見えてからの話であり、始めからこれに打開策を見出そうとするのは愚かなことだ、とはナマ師修行時代に朕がよく口にしていたことだし、本人も十分に悟っている。

 かくして迎えた当日。
 現地に向かおうとしていたところ、既に施恩がブラックをキャッチしたとの報あり。
 更に、現地に到着したところ李立がブラックを取り込んでいるのが見えた。
 その後、あの手この手をそれぞれに試すが、魚がまとまって入ってきているという感触が希薄。理由はいくつか思い当たるが断じられるだけのものも得られず、これといったマイナス要素を感じ取ることもなく、と最後まで焦点が定まらないまま日暮れと共に一同撤退となった。
スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング バスフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード