道化に逃れ面目を保つ、に倣う

 1月19日。

 ウルフマンの断髪式にカレクックが参列していたことが少し嬉しかったりした。
 残虐超人にして、月、地球間のマラソンではベスト8に入り、超人オリンピックの本戦に残った実力者であるはずの彼も、いつの間にやらお笑い担当の扱いとはいささか悲しくはあったが…。
 それよりもキン肉マンはくうだらない、とバカにしながらも、しっかり読んでいる自分が一番悲しかった。

 さて、昨日から上昇の流れにある今日。大潮にも重なり、今年初の多摩川本命魚キャッチとなるか、と期待も高まる。
 昨日の秦明の結果と、釣果に添えられた内容からすれば、今日も宇奈根エリアで間違いないだろうと判断し、最近お気に入りの見た目だけエサ繊細タックルで現地へ向かった。

 この日、実力を付けて来るほどに先輩ベテランアングラーにやっかみや負け惜しみの類を言われることの多くなってきた若手の一人、施恩は堰下エリアに入り、既に魚をキャッチしていた。
 ードではあるが、今の時期は贅沢など言ってはいられない。
 エリア選択の理由は、絞りに絞ってという積極的なものではなく、この後労役が控えているためやむなしの選択という消極的なもの。
 しかしながら、とりあえずの成功といえる結果を得たのだ。
 もう一人の若手、李立は入れ替わるように勤労明けとなり、施恩に合流。
 早々にヘラブナキャッチの報があり、更には本命キャッチにも成功していた。

 一方、宇奈根エリアの朕はというと、まったく手応えを得られていなかった。
 一帯は、コイだけにとどまらず、様々なコイ科の魚の息遣いが見え、魚食鳥も数羽活動しているというのに。
 施恩撤退を機に、李立がこちらに来るか決めかねていたが、そちらに留まるよう指示。宇奈根エリアは何も掴めていない状態にあり、実際の釣果を見れば堰下エリアが理由は断定できないにしろ正解エリアであるように感じられたためだ。

 昨日はこのエリアで釣れ、今日も同じような気候。潮回りも悪くない。
 単に魚のポジションを絞れていないだけなのか、環境の変化があり、ここが正解エリアでなくなってしまったのか。
 理由は定かではないが、この日の正解エリアは堰下エリアであったことが示される。
 結局、堰下の李立はナマズ2本、フナ2本という釣果を得ていた。
 これだけのものを見せられれば、これに乗じて朕も堰下エリアへ移動ということもできないわけではなかったが、自身の見落とし、タイミングのずれということも考えられるため、“何故?”の部分を見極めたいと考え、日没後もキャストを続けるがノーバイトに終わってしまった。

 ここで間違いないと考え、やり通してみたが、何が間違っていたかを知ることさえ適わず、完全なる敗北。
 これまでのノーフィッシュと違い、イケると踏んでのものだっただけに、から悔しく、己の力不足を思い知らされての帰宅となった。

 その後、若手からは「こっちはみんな釣れてたけど、そっちは釣れなかったんですか?」と来たので、待ってましたとばかりに「オレだってちゃんとやってるよ!」とキレてみた。
 ちゃんとやれてないから釣れないのだが…。

 ※マー語
スポンサーサイト

テーマ : 仕事日記
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード