淵正信

 1月14日。

 昨日、李立が堰下エリアで釣果を得ていた。
 関東巨鯉倶楽部と無能の人達成。
 拾った石を売って口すぎをし、釣りを続けられればどんなに素晴らしいことか、と思わずにはいられない。

 そして迎えた当日。
 予報通り、温和な日となった。明日もこの調子が続くのが理想だが、明日は冷たい雨の予報。
 眠気が募り、一寝入りしてから出かけたいところではあったが、この二日間で釣りになりそうなのは今日しゃなさそうなので、気力を振り絞り、流行の「本気出す!」という気概で臨む。

 この日、施恩と休日が重なり、合流するつもりであったが、愛車が壊れたとのことで、徒歩移動可能圏内の登戸周辺にしか行けないという。
 朕はあくまでベストのポイントを、ということで宇奈根エリアを目指した。

 今日もタックルはエサ繊細で臨む。
 今回は、よりフィネスらしさを醸し出すため、ラインをトライリーン15lbから12lbまで落としてみた…単にトライリーン12lbがまだ大量に残ってたから、というのが本当の選択の理由だったりするのだが…。
 また、トラウトロッドを使用しているのは、グラファイトロッドでグラスロッドの特性に少しでも迫りたいがため。
 先日示した李立の功績により、この選択が当りか外れかを判定できるところまで絞り込めるようになっている。

 かくして先日ヒットのあったポイントに入る。
 ここは最大水深のある淵の要素を備えているため、低水温期にベストとなるポイントだということがわかったが、すべての温度が上昇していく流れの中にあってそれほど重要性があるのか?という疑問はあった。
 しかし、こういったポイントに絡む込み入ったカバー周りは日ごろ攻めきれていないため、軽いルアーを扱うのに適したトラウトロッドの利点を生かした、根掛りに強いジグヘッドワッキーリグを打ち込んでいく。
 釣れないからルアーを落としていき、辿りついたのがライトリグというものとは選択の理由を異にするものである。
 このメソッドでは反応を得られなかったので、ナマズはカバーを離れ回遊しているのか、ということで遠投が利き、シルエットが小さく、動きが強いという特性を備えるメタルバイブにチェンジし、広範囲を探ってみるがこちらも反応は得られず、ルアーに触ってみた感触から、予想以上に水温が冷たいということが判明。
 やはり淵のカバー周りを丹念に探るべきなのか。

 と、登戸エリアに入っていた施恩より、堰を開放したとの連絡が入る。
 これを機に堰下エリアに移動するという。
 程なくして宇奈根エリア増水。
 浮きゴミ、塵芥混じりの濁りが流れ込んでくる。
 流れに乗る浮きゴミは巻きの釣りの障になるし、塵芥は魚の動きを制限する。
 どうしたものか、と手を束ねつつも、とりあえず塵芥の入り込み難いカバーを探して流域を上下してみる。
 すると、コイがシャローカバーに入ってくる動きが顕著になっているのが見て取れるようになってきた。ここから直接ナマズの動きを推理できなかったものの、状況の変化を捉えられたのは確かである。

 李立到着。
 これまでの経緯を説明し、とりあえずのキャストをしながら水況の変化を見守ることにする。
 やがて流れが落ち着き、塵芥も目立たなくなってきた頃、ルアーチェンジのためにルアーを摘んでみたところ、水は増水前より温かくなっているように感じられた。
 水が落ち着いたのが機となったのか、堰下エリアの施恩より成功の報が入る。
 ほとんど間を置かず、二本のナマズをキャッチ。
 どうやら水が温かく感じられたのは気のせいではなかったようで、朕も李立もフックアップにまでは至らなかったもののナマズらしきストライクを得られるようになる。
 水質は良好とは思えないが、ダムに溜まっていた水は自然の流れに乗る水より水温が高かったようで、その水が流れ込むことにより、魚を動きやすくしたと考えられた。
 更に施恩は調子に乗り、関東巨鯉倶楽部まで達成しフンガー節。
 しかし、その後レアリスバイブを破損させてしまいストップフィッシングとなっていた。
 レアリスバイブは、他のリップレスクランクに比べ、堅牢さという点では劣っている。しかし、その欠点を補って有り余る美点も多く、ここ一、二年のうちに新定番となっている優れたベイトでもある。

 この時、同じくレアリスバイブを引いていた朕も再びストライクの感触を得る。
 今度こそ慎重に、と寄せてみるが、途中で引きを感じなくなる。ゴミを魚と勘違いしたのだろうか。何はともあれ何が付いているのか確かめなければならないだろうと寄せてみれば、ルアーにはテラピアのような魚が付いていた。
 正体はフナ。
 フッキング位置からして、一応食っては来たようだが到底満足できるものではない。
 魚が動いているのだからまだチャンスはある、と、その後もキャストを続けたがここまでだった。

 連続ノーフィッシュに歯止めをかけることはできたが、ナマズのストライクを得られていただけに、ひどく打ちひしがれた気持ちでの帰路となった。

 ※マー語
スポンサーサイト

テーマ : 仕事の話あれこれ♪
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード