再びの合気使いに見える

 12月26日。

 ランカーズから、カベラス・フィッシュイーグル50S705-2到着。7フィートMHクラスのスピニングロッドだ。
 感触としては、セントクロイ・エイビッドS664Mより硬く、プラチナムS664Mと同等かやや柔らかいというところ。
 ハナクソスプリットショットリグには厳しいが、中量級までのほとんどのルアーが使えそうである。
 さて、早速入魂だ、というわけで宇奈根エリアへ。
 キャストしてみたところ可もなく不可もなく、普通のルアーロッド。表記ウエイトキャパが3/8~1オンスというだけあって大型ジャークベイトのジャーキングにもストレスが無い。
 本気出すか、とレアリスバイブを結び、シャローフラットへの道筋を潰していく途中にバイトの感触を得る。
 しかし、このナマズ、巻き取り方向に走り、足元のテトラを利用してルアーを外すという芸当をこなす。
 自らの掌を潰した一撃で眼底砕きを試みるも、既にその目は義眼だったという、渋川先生に敗れた鎬昂昇の気分を味わうこととなった。
スポンサーサイト

テーマ : 仕事の悩み
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード