嗚呼、マンモス悔やピき哉

 12月19日。

 昨日、登戸エリアで生み出された濁りが大量に流れ込む宿河原堰下エリアで施恩が関東巨鯉倶楽部を達成していた。
 自然界の流れとは無関係に発生する脈絡の無い変化はマイナスとなることの方が多く、結局魚の溜まるスポットにナマズやバスといった本来釣りたかったターゲットの気配は無かったという。
 ナマズが釣れていたなら、あの人たちのように「前にここで釣れたから」と、宿河原堰下に向かっただろうが、これまでの流れと昨日の状況から、朕は宇奈根エリアに入った方が良いと判断した。

 現地に到着してみると風は南から。
 風と流れがせめぎあうポイントを意識しながら丁寧に流していったところ、流芯付近でバイトを得る。
 しかし、食いが浅くルアーをエビにされただけに終わる。
 この日のバイトの感触はこの一回のみ。
 途中現れた李立もバイトを得ていたが、グラスコンポジットのロッドをしてもフッキングにまでは持ち込めず。
 魚は居るには居るが、ナマズの活動を押さえ込んでいる要因があって、こちらにそれを打ち破る術は無く、である以上粘ることに意味は無い。
 或いは、グラジエーターとかいうロッドとか、ジグヘッドワッキーとかを使ってみたり、本気出してみたりしたら釣れてたのかもな、と冗談を交わしつつこの日は終了。

 帰宅し、次回釣行の準備をしていたところ、房総へ行っていたという史進よりメール着信。
 この他にも、実績場所の突堤にシーバサーがひしめきあう中、一帯の状況を観察した結果、ベストの場所はここではないと判断し、ベイトの溜まるポイントでスズキクラスをキャッチしたとのこと。
 「大事なのは腕より目と頭だって言ってるだんべ」という朕の言葉に偽りはないと実感してくれたようだ。
 腕は道具がフォローしてくれる。
 もっとも、良い道具を見抜ける技量も必要になってくるのだが…。
 
スポンサーサイト

テーマ : スキルアップ
ジャンル : 就職・お仕事

tag : 多摩川 ルアーフィッシング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

dragon

Author:dragon
天に替って道を行おうとする人。
玉帝の導きに従い、非凡なる境地を目指している。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード